桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

スゴイ御利益がある!!…らしい『小網神社』

      2020/01/26

 今年から、84歳になる親父とお袋、が豪雪の秋田が嫌で冬だけ東京暮らしを始めた。とはいっても、弟の狭い部屋に転がり込んだ格好なのだが。
 それで、弟にばかり負担を掛けてはいけないので、長男としても、親をどこかに連れ出さなければと思い、調べ物好きの細君に頼んだら、さっそくいろいろ調べてくれた。年寄りだから神社がよかろうとの、安直な考えではあったが、何と日本の神社でも1位2位を争う御利益のある神社とか。それが日本橋に鎮座する『小網神社』。実際に行ってみると、「え?ここ?」って感じの小さい神社。しかも住宅や雑居ビルに囲まれた場所にひっそりとある。しかし、建物はひっそりでも、参拝者がスゴイ。神社前の道路に沿って、そのぐるりを取り巻くように延々並んでいる。
 ここは特に強運・厄除けの神様として名高いらしい。その理由がさまざまなエピソード。小網神社のオフィシャルサイトから転載すると、こんな感じ。
『第二次世界大戦の際、戦地へ赴くことになった氏子の出征兵士に対し行った出征奉告祭に参列し、当神社の御守を受けた兵士が全員生還されました』
『東京大空襲の際は、社殿を含む境内建物は奇跡的に戦災を免れています』
『関東大震災当時、宮司は稲荷大神や弁財天等の御神体を抱え、近くの新大橋に避難しました。そこへ大挙して避難してきた人々に混乱がなく、また新大橋自体も落ちずに、大勢の人が助かったといわれています』
 これらの伝説から、パワースポットとしても大人気で、さらに、ここには銭洗い弁天もあるため、
『境内の「銭洗いの井」で金銭などを清め、財布などに収めておくと財運を授かる』
とのこと。
 家族全員、みんなで洗って財布に入れた。ちなみに僕は令和元年の五円玉。今年はきっと良い年に。

 - 2020年, 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

首都圏なるせ会に行って来ました

今年で第29回を迎える『首都圏なるせ会』がまた元気に開催された。会員が年々減って …

シルヴァスタインの絵本

友だちが持っていた絵本。勧められて読んだら深くてハマった。有名らしいが恥ずかしな …

日々の徒然
成人式は15日じゃないとしっくりこない昭和人

今日、1月8日は成人式。街でいろんな振り袖を見かけたが、実は、その振り袖を見なけ …

日々の徒然
親父の言葉 1

「人生あまりに短い 怒ってたって馬鹿馬鹿しい 自分の時間を損するだけ 怒るぐらい …

百人一首

 飲んでばかりで正月らしい遊びをしていないと、家族からのクレームが入ったので、し …

亀戸天神社うそかえ神事

 久しぶりに亀戸天神に行って来た。春の藤まつりの時には何度か訪れたことがあるが、 …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録12

 とにかく今日は“走り日”だ。ひたすら車を走らせる。ギャロップからアルバカーキー …

日々の徒然
奇妙な夢を見た

奇妙な夢を見た。 誰かは思い出せないのだが 相当親しい人が死んだようだ。 葬式の …

日々の徒然
3月4日さきがけ新聞寄稿で書けなかった「僕の緊張」について

秋田の「さきがけ新聞」から、秋田県の公立高校を受験する中学生にエールを送る原稿を …

ちょっとした親切が嬉しい

とにかく暑い。 こんな時はビールをゴクゴクゴクっとして、プハーッだろうと、多少の …