桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

初めての南松本

      2020/03/29

 旅行ライターだった時期があるので、松本は何度も行ったことがある。しかし、この南松本は初めての訪問だ。申し訳ないが、何もない。が、遠くに見える山並みは美しい。

 暖冬のせいもあるが、雪はまったくない。というか、松本自体が、冬でもあまり雪を見かけない。長野市に行くとまさに“雪国”という感じなのだが、同じ長野県でも、松本は雪がほとんどない…らしい。“らしい”というのは、実は冬の松本を取材したことがないからだ。
 今、この辺には、巨大なマンションがバンバン建ち始めている。松本駅も車ならすぐの距離なのに、松本よりも安いという立地条件のため、人気があるのだとか。
 今後が楽しみな街なのかもしれない。

 - 2020年, 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録6

 Sさんが好きだというアンティック屋さんがたんさんあるプレスコットという町を経て …

『窓から逃げた100歳老人』『世界を救う100歳老人』

 先日の『天声人語』である。  ヨナス・ヨナソンさんが著した小説『窓から逃げた1 …

日々の徒然
ラベンダーの日本酒が美味!!

タイトル見ただけで、ちょっと引きますよね。ラベンダーの日本酒???って。僕もそう …

『日詩』4月1日〜10日アップ

早いものでもう4月。 4月の初めは、新しい出会いの季節。 素敵な仲間と出会うこと …

日々の徒然
大学受験共通一次試験失敗

 入試のシーズンである。この季節がくるたびに思い出すのが、受検の失敗。  僕らの …

首都圏なるせ会に行って来ました

今年で第29回を迎える『首都圏なるせ会』がまた元気に開催された。会員が年々減って …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録24(最終回)

 2017年1月26日から、不定期で載せてきた『30年前のアメリカ紀行備忘録』も …

親父の万年筆

僕から何かの記念にもらったのだと、親父はそう言うんですが、思い出せない万年筆。 …

ビール1本だけ!?

男「1本だけビール買っていい?」 女「うふ、いいよ。そういうと思った」 ビール1 …

電車の中吊り広告から“支援しない支援”に共感

これは、去年「その通り!」と思って電車の中で写真を撮ってしまった中吊り広告。 悩 …