桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

たらふく牡蠣を食べました

      2017/11/23

 娘の誕生日の晩餐。なぜか牡蠣。いろいろリクエストは聞いたのだ。最初は子供らしく「ハンバーグ」とか言っていた。すっぱいキャベツの食べれるお店。ザワークラウトのことである。これはいつも行ってる『つばめグリル』のこと。でもなぁ、結構頻繁に行ってるし。他にはないのかと聞くと。「じゃあお寿司」。誕生日に和食かぁ。まあいいけど…。何が食べたいのか聞くと「牡蠣」。確かに“つばめ”にも寿司屋にも牡蠣はあるだろう。でも牡蠣ならもっと牡蠣づくしの店があるんじゃないか。ということでいろいろ調べたら、大井町まで行けばそれっぽい店がありそう。本当は渋谷あたりがよかったのだが、それらしい店は探せなかったため、とりあえずその大井町の『かき殻荘』とかいう店のクチコミわ見るとなかなか良さそう。というわけで、5歳の娘の誕生会ディナーは牡蠣小屋となった。
 鉄板一杯に広がる牡蠣は2キロ。

 普通の客は1キロから頼むらしいが、娘のたっての希望で倍の2キロ。鉄板からあふれんばかりの牡蠣に蓋をして蒸すこと10分ほど。店員さんが殻の上蓋を開けてくれるので、殻開けに難儀することもない。ただひたすら食べるだけ。しかもこれはウマイ。僕も妻も娘も次から次へと手が出て、あっという間になくなった。さすがに最後の3個になったら、娘も妻も、もういいやってな顔していたので、僕がぺろりと頂いた。蒸し牡蠣を待つ間に、生牡蠣を含め3、4品を食べているにも関わらずぺろりとイケたのだからそれだけ美味しかったということだ。しかし、2キロは多い。他にも牡蠣飯をはじめいろいろおいしそうな料理もあったのに、それらはパスしなければならなかった。今度は1キロにして他のも食してみたい。

 - 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

『日詩』3月11日〜20日アップ

まだ続いております。日誌ならぬ『日詩』。 毎日ツイッターでせ発信してますが、これ …

日々の徒然
大学受験共通一次試験失敗

 入試のシーズンである。この季節がくるたびに思い出すのが、受検の失敗。  僕らの …

『日詩』6月21日〜30日のおまとめ

なんとか半年続きました。次の目標はとりあえず1年ということで… では 日詩 6月 …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録8

 8月13日  朝からグランドキャニオンへ向かう。どこまで行っても果てしない大地 …

宇崎竜童さんに取材

久しぶりに宇崎竜童さんに取材しました。週刊朝日です。 取材やバイクを通じて、もう …

『日詩』7月1日〜10日のおまとめ

そろそろ言葉や表現がかぶらないように気をつけなきゃと意識し始めてます。 『日詩』 …

アニキだった戸井十月さん三回忌に初監督映画「風の国」

7月28日。戸井十月さんの三回忌。僕にバイクを教えてくれて、飲みに連れてってはい …

日々の徒然
『日詩』2月21日〜29日分アップしました。

ツイッターにあげている『日詩』。2ヶ月終わりました。最近楽しくなってきました。1 …

親父に教えられた「つむり」

この正月は、秋田の実家から両親が訪れており、81歳の親父とも、よく酒を酌み交わし …

『日詩』のまとめ 1月1日〜10日

今年もしぶとく書いてます。 ツイッター詩『日詩』。まずは10日まで。 日詩(ツイ …