桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

2021年1月1日“たこ焼き”の元祖は、根っこに会津が…

      2021/01/07

2021年1月1日

あけましておめでとうございます。一昨年、昨年と挫折したブログの毎日更新。今年は無理をせずに“ほぼ毎日”ぐらいを目指そうかと(^_^;

というわけで、今年一発目は“たこ焼き”。
年末にたこ焼き器を買ったので、早く使ってみたいと、元日の昼食にいきなりたこ焼き。うちは、秋田の正月を踏襲しているため、おせちは大晦日の宴会料理となって、紅白見ながら平らげるのが風習。なので、元日は実は質素。いつもならお雑煮程度となるのだが、今回は、家族念願のたこ焼き器がある。使わない手はない。結果から言うと、すこぶるウマイ。手前みそだが、店で食べるのよりウマイ。かくして、お好み焼き、もんじゃ焼きに続き、三大粉モノ料理は、店に行かずに食べることとなりそうだ。
で、本題はここからである。
せっかく“たこ焼き”が我が家の手料理に加わったのだからと、その由来を調べてみようと思い立った。
“たこ焼き”といえば、言わずと知れた大阪名物。これには誰も異存はないだろう。そして今やその味は、大阪のみならず、全国に波及し、大げさに言うなら、国民食と言っても過言ではない。
が、この大阪名物。実は、福島の会津が根っこにあったのである。大阪の人にとっては当たり前のことかもしれないが、たこ焼きの発祥は、西成の『会津屋』というお店らしい。その店名通り、ここの初代は会津のご出身。その初代が、すじ肉を具材として丸く焼いた粉もの料理であるラジオ焼きというのを改良し、さらにタコを入れる明石焼きに影響を受け、今日のたこ焼きの原型を作ったのだという。
この原型は、まだソースをかけて食べる今のたこ焼きではなかった。あの濃厚なとんかつソース系が普及したのは戦後だったため、戦前のたこ焼きは、生地に味付けしてあった。そしてその味付けだが、初代は会津の出身ゆえに、海産物の乾物を素材とした汁物である会津の郷土料理『こずゆ』をアレンジした出汁で仕上げていたというのだ。
今でも『会津屋』では供しているようだが、食べたことのない僕は、「昔は庶民の味だったろうが、今食べるときっと中濃ソースとは違った、上品な味なんだろうなぁ」と想像している。
まあ、しかし、たこ焼きといえば、僕はやっぱりソースがいいのだがね。

 - 2021年, 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

親父の万年筆

僕から何かの記念にもらったのだと、親父はそう言うんですが、思い出せない万年筆。 …

浅田次郎『獅子吼』

この冬休みに読みました。大好きな浅田節満載です。やっぱり浅田さんは短編が面白いか …

ふくみちゃん

娘が初めて詩を書いた ふくみちゃん  ふたつのいろの どっちかから うまれてきた …

米農家を変える若者たち

週刊朝日の連載「美し国旨し米」、早いもので13回目を迎えてしまいました。今回から …

日々の徒然
聖バレンタイン

 この歳になると、バレンタインデーとかいわれても「んで?」って感じなのだが、娘か …

日々の徒然
長さんの「…なんてな」

 踊る大捜査線で、いかりや長介さん扮する和久平八郎が発する「…なんてな」が好きだ …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録15

去年の1月からご無沙汰だっ「30年前のアメリカ紀行」。ブログを見返したら、201 …

30年前の東成瀬村取材

 僕が4年3ヶ月勤めたフロム・エー編集部。テレビのADをやっていたのはまだ学生の …

久しぶりに大野木の墓参り

 朝、こんな日詩を書いた。      数日前奴の夢を見た    おい、たまには思 …

ちょっとした親切が嬉しい

とにかく暑い。 こんな時はビールをゴクゴクゴクっとして、プハーッだろうと、多少の …