桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

初めて秋田魁新報に書いたのがもう14年前

      2018/02/12

今もまだ秋田魁新報の『遠い風近い風』でエッセイを連載させてもらっている。初めて連絡を頂いたのは、2003年の年末だった。
2004年の正月版に旅のエッセイを1本書いてほしいという依頼だった。ライターはずっとやってきたが、まだエッセイストとしては駆け出しだったので、故郷・秋田の大新聞にエッセイを書けるなんて夢のような話しだと、二つ返事で承諾し、かつてアメリカを車で旅した話を書いた(それの詳細版を去年のブログに少しずつ載せている)。
それが気に入って頂けたのか、2004年の4月から土曜版の『遠い風近い風』というコーナーの執筆陣の一人として迎え入れられた。願ってもない話しだった。あれからもう14年。執筆陣の入れ替えが激しい中、ずいぶん長く書かせてもらっている。ありがたいことである。
もはやこの『遠い風近い風』は、ライフワークのようになっている。できれば死ぬまでこのコーナーは書き続けていきたいものである。

#秋田魁新報 #さきがけ #新聞 #連載

 - 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

穴八幡

穴八幡に行って来た。 ウィキペディアには歴史やら由来やら、ありがたみのあることが …

『日詩』のまとめ。12月11日〜20日分です。

今年もあと数日。僕の『日詩』も、もうすぐ1年。最初はどうなるかと思いましたが、あ …

電車の中吊り広告から“支援しない支援”に共感

これは、去年「その通り!」と思って電車の中で写真を撮ってしまった中吊り広告。 悩 …

日々の徒然
『日詩』1月21日〜31日アップしました。

ツイッターにあげている『日詩』。頑張ってまだ続いています。11日分を『詩郷(うた …

タクシー内で訛りが聞かれないような空間を(笑)

 タクシーがチョイ乗りを始めたらしい。なんと東京都心は初乗り410円だとか。2キ …

根津甚八さんとの想い出

俳優の松方弘樹さんが1月21日に74歳で亡くなったというニュースが飛び交った。松 …

工作に使う“糊”に似てるから『のり餅』なのか?

米粉で作ったもちを、父の実家の地域(秋田県東成瀬村菅の台)では、『のり餅』と言っ …

米農家を変える若者たち

週刊朝日の連載「美し国旨し米」、早いもので13回目を迎えてしまいました。今回から …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録13

8月15日  今日はオクラホマからフォートワースへ。フォートワースはジョンウェイ …

『日詩』9月1日〜10日おまとめ

夏が終わったような終わらないような 秋が始まったような始まらないような そんな9 …