桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

初めて秋田魁新報に書いたのがもう14年前

      2018/02/12

今もまだ秋田魁新報の『遠い風近い風』でエッセイを連載させてもらっている。初めて連絡を頂いたのは、2003年の年末だった。
2004年の正月版に旅のエッセイを1本書いてほしいという依頼だった。ライターはずっとやってきたが、まだエッセイストとしては駆け出しだったので、故郷・秋田の大新聞にエッセイを書けるなんて夢のような話しだと、二つ返事で承諾し、かつてアメリカを車で旅した話を書いた(それの詳細版を去年のブログに少しずつ載せている)。
それが気に入って頂けたのか、2004年の4月から土曜版の『遠い風近い風』というコーナーの執筆陣の一人として迎え入れられた。願ってもない話しだった。あれからもう14年。執筆陣の入れ替えが激しい中、ずいぶん長く書かせてもらっている。ありがたいことである。
もはやこの『遠い風近い風』は、ライフワークのようになっている。できれば死ぬまでこのコーナーは書き続けていきたいものである。

#秋田魁新報 #さきがけ #新聞 #連載

 - 日々の徒然

Comment

  1. 小松 より:

    私は、朝日新聞の購読者でしたので、魁新報社はここ数年前からの読者なんです。佐々木さんのエッセイは一番、高橋さんが二番。
    毎回楽しみでーす。

    • sasakikatsura.com より:

      ありがとうございます。
      朝日新聞にもエッセイを連載していました。土曜版ですが…。
      それを見た魁新報の担当者がお声掛けしてくれて、正月特集の1ページを使って、僕の旅のエッセイを書かせてくれたのがきっかけでした。
      それから数ヶ月後に、今の連載の一員になった次第です。ですので、朝日新聞も僕にとってご恩のある新聞社ですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録15

去年の1月からご無沙汰だっ「30年前のアメリカ紀行」。ブログを見返したら、201 …

アメ横

昨日、根津神社に行ったついでに、久しぶりにアメ横に寄った。まだ幼稚園の幼い娘が、 …

初めての南松本

 旅行ライターだった時期があるので、松本は何度も行ったことがある。しかし、この南 …

故郷の子供たちの贈り物

机の上の本棚を整理していたら、こんなものが出てきました。 首都圏なるせ会でもらっ …

no image
30年前のアメリカ紀行備忘録14

8月16日  ストックヤードの町で少し買い物。その買ったものをお店の人に持っても …

お正月のご挨拶は失礼させて頂きます

昨年末、28日に父方の伯母が亡くなりました。 85歳でしたし、前日が誕生日で、夫 …

老眼コンタクト(遠近両用コンタクト)

 3〜4年前から、老眼コンタクトを使い始めた、僕はそう呼んでるが、正確には『遠近 …

東京へ出発です!

大好きな『日の丸酒造』の「まんさくの花」の看板に見送られて、最寄りの駅から出発で …

護美箱(ごみばこ)と書きたい

秋田の新聞『秋田魁新報』に連載中の『遠い風近い風』というエッセイに、昔、こんなも …

『日詩』のまとめ。11月21日〜30日分です。

『日詩』もあとひと月で1年になります。 11月最後の詩をどうぞ。 『日詩』ツイッ …