桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

30年前のアメリカ紀行備忘録3

      2017/04/26

 1988年の夏、僕は、バイク仲間でありライターの先輩でもあった友人のSさんとアメリカ半周の旅に出た。ホントは一周したかったけれど、会社を辞めてフリーになったばかりだったため蓄えもなく、そうそう長く休んでもいられなかったから、2週間使って車で移動できる距離を考えると、半周が限界だったのだ。
そんな二人のアメリカ半周の記録である。

 8月11日ロサンゼルス
 空港に着いた。初めてのロサンゼルスである。というか、それまで海外はハワイしか行ったことがない。つまりほぼ初心者である。なので、もちろんしょっぱなからトラブルである。滞在場所がわからないため税関から出れないのだ。Sさんは数日前に日本を出国し、友人のいるフェニックスに滞在している。なので、そのフェニックスまでは一人で辿り着かなければならないのだが、Sさんの滞在している住所を聞いていなかった。空港まで迎えに来るというので、僕もSさんもこんな事態を想定していなかったのである。
 すったもんだあって、とりあえずロサンゼルス空港のガイドみたいな人が、「適当なホテル名を書いておけ」と小声で教えてくれたのでその通りにすると、さっきまで頑なに入国を拒否していた税関がすんなりと通してくれた。ここでまず一つ目の学習をした。

30年前のアメリカ旅備忘録4へ続く…

 - 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

日々の徒然
どじょっこふなっこ

今の若い人はあまり知らないかもしれないが、 「どじょっこふなっこ」という童謡があ …

日々の徒然
長靴を履こう!

たまたま雪が降った日にふと思った。 長靴はいつからカッコ悪いものになったのか。ブ …

去年の新聞のスクラップから(折々のことば)

去年の新聞のスクラップを見ていたら、 こんな記事があった。 まさにその通り!我が …

米農家を変える若者たち

週刊朝日の連載「美し国旨し米」、早いもので13回目を迎えてしまいました。今回から …

宇崎竜童 70thバースデーライブ アンソロジー2016取材雑記

 宇崎さんの70歳の誕生日ライブ。行って来ました。もう一ヶ月近く前なのですが、そ …

no image
ライスカレーの哀しい想い出

子供の頃 、なんであんなんにライスカレーが楽しみだったのだろう。うちの場合、大概 …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録12

 とにかく今日は“走り日”だ。ひたすら車を走らせる。ギャロップからアルバカーキー …

手帳一筋73年、ダイゴーの手帳

嫁に良く言われる。 「あなたって、必要以上にちっちゃい手帳と、必要以上におっきい …

日々の徒然
聖バレンタイン

 この歳になると、バレンタインデーとかいわれても「んで?」って感じなのだが、娘か …

タクシー内で訛りが聞かれないような空間を(笑)

 タクシーがチョイ乗りを始めたらしい。なんと東京都心は初乗り410円だとか。2キ …