桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

『談志の落語』(静山社文庫)

      2020/02/16

 新聞に立川談春さんの記事が載っていた。師匠である故・立川談志は、二人目の父であると。

 そこで立川談志さんの事を考えてみた。
 1936年生まれだというから、生きていれば84歳ぐらい。ウチの父母が1935年生まれだから、ほぼ同い年だ。それにしては、生前の談志さんは若かった…イメージがある。今もし生きていれば、相当な老いぼれに感じたかもしれないが、当時のパワフルなイメージがあるから、どうしても若々しく感じてしまう。
 しかし、僕は談志さんはそれほど好きではなかった。笑点の司会をやっていたのをリアルタイムで知っている最後の世代なのだが、僕は、その後の三波伸介さんの方が好きだったし、政界に出たりするのも、落語家としてはどうなのか?なんて思っていた。協会を辞めて立川流を立ち上げた時もしかり。本流に残って勝負するべきだ!なんて思っていた。ひねくれ者がひねくれた考えを現実化するたびに、パフォーマンスのように見えてしかたなかったのだ。もしかしたら、談志さんの生き方に嫉妬していたのかもしれないが。
 また、落語に関しても、大して知っているわけでもないのに、談志よりテレビでおもしろおかしく話す林家三平や柳家金語楼の方が面白い!と思っていた。乱暴な物言いや、斜に構えてひねくれているように見える笑いが好きじゃなかったのだろう。まあ、子供だったということである。漫才ブームの頃、ツービートよりザ・ぼんちが好きだったのも同じ理由だと思われる。
 その後、たけしさんを取材したことで好きになるわけであるから、きっと談志さんも密着取材でもしていたら大好きになったのかもしれない。いやいや、きっとたけしさんと違って、もっと根もひねくれ者かもわからんが。ただ、きっと天才だったのは本当だと思う。ただ、あまりにみんなが天才だ天才だと騒ぐので、昔は鼻白んでいただけだろう。
 で、談志さんがなくなってから、こんな本に出会った。『談志の落語』。全7巻。出版社は、意外にもハリー・ポッターで一財産を築いた静山社。
 談志さん独特の解釈は、極めて談志流なので、もしかしたら落語初心者には向かないのかもしれないが、談志山の落語愛が至るところで感じられる落語本だ。しかも博学。その博学も大好きな落語のために学んだかのようだ。そんなことをいうと、談志は照れてひねくれ、違うことを言い出すのだろうが。
 談春さんの記事がきっかけとなって、本棚から取り出してみた『談志の落語』。もう一度、読んでみるか。

 - 2020年, 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録13

8月15日  今日はオクラホマからフォートワースへ。フォートワースはジョンウェイ …

日詩 10月21日〜31日

日詩のまとめです。 日詩(ツイッター詩) 10月21日〜31日 こんな詩も… 悪 …

たけしさんのキタノ・ブルー

 『紅白歌合戦』の話が続いて申し訳ないが、今回はビートたけしが歌うということで話 …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録21

 僕はすぐにBAR&DISCOへ。Sさんはシャワー。  地元の人中心の店で、みん …

スゴイ御利益がある!!…らしい『小網神社』

 今年から、84歳になる親父とお袋、が豪雪の秋田が嫌で冬だけ東京暮らしを始めた。 …

日詩 8月21日〜31日(2018)

日詩のまとめです。 日詩(ツイッター詩まとめ) 8月21日〜31日 たとえば、こ …

no image
林家たい平師匠

林家たい平さんを取材して来ました。笑点などのテレビで見る印象とはちょっと違って、 …

日詩 11月1日〜10日(2018)

日詩のまとめです。 日詩(ツイッター詩) 11月1日〜10日 こんな詩も… キリ …

ロウバイまつり

 ロウバイ、蝋梅、蠟梅などと書き、唐梅(カラウメ)と呼ばれたりもする植物。梅の漢 …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録20

 去年(2019年)の1月から、またまたご無沙汰だった「30年前のアメリカ紀行」 …