桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

昔の納豆の作り方…だそうです

      2017/02/03

最近、納豆を手作りする人が増えている。基本的には、大豆を煮て、それに市販の納豆を少し混ぜ、コタツに放り込んでおけばできる。コタツがない人は、その大豆を、お湯の入ったペットボトルと一緒に発泡スチロールの箱に入れて、お湯がぬるくなったら替えながら発酵させるとできる。本格的にやるなら、納豆菌というのも売っているらしい。

いずれも買うより手間が掛かるのだが、現代人にとっては、その手間が趣味につながる喜びであって、昔のように、「簡単には買えないから作らなくては」というものではない。

んで、山奥過ぎて街に出ることも大変なところに住んでいた父に「簡単には買えないから作らなくては」の納豆作りを聞いた。

1、大豆を煮ます
2、藁のつすこに入れます。

これは秋田の古い人ならわかるだろうが、全国的には知らないと思うので説明する。

藁のつすこ、もしくはただ「つすこ」とも呼ぶが、ようするに、藁を何本か束にして、その両端を結んだもの。束にした藁をかき分けて、大豆を詰めるイメージである。

3、それを「こも」で包む

ここで「ん?」である。

「こも?」と僕
「ああ、“むしろ”を粗く編んだようなもんだ」と父

これで僕はわかったが、“むしろ”がわからない人は、畳を思い出してほしい。畳の表面の部分(畳表というのだが)だけのものが、“むしろ”のイメージだ。

3、それに温ったかい湯気をかける

またまた「ん?」である。
どうやって?

「鉄鍋に湯を沸かす」と父
「んで?」と僕
「湧いた湯の入った鉄鍋の上に、芝っこを渡して、芝は木の小枝のことだな」
「はい」
「その上に、“つすこ”を包んだ“こも”を置く」
「はい」
「そして、今でいうなら、電気コタツの電気の部分がないやつ、ようは、足と上の部分を、木で手作りした台を置く。その上から鉄鍋の湯気を逃がさないように布団を掛ける。
「なるほどぉ」と僕

てゆうか、これだけ書いてやっとわかることを、「温ったかい湯気をかける」では通じないぞ親父と思いながら…。

ちなみに、鉄鍋は湯が冷めにくいからいいのだそうだ。

4、あとは、湯を替えながら三日ぐらいでできる

とのこと。

暇な人はやってみて下さい。
大豆にまんべんなく藁の納豆菌を回すために、外側の“つすこ”からの菌だけでなく、大豆の中にも1、2本、藁を混ぜておくのもいいそうですよ。

 - 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

日詩 9月1日〜10日(2018)

日詩のまとめです。 日詩(ツイッター詩) 9月1日〜10日 例えばこんな詩が… …

『日詩』9月11日〜20日おまとめ

さすがにもう秋の気配をしっかりと感じる頃となりました。 『日詩』にもそんな空気が …

金足農業103年ぶり決勝進出!おめでとう!

金足農業スゴイ!スゴ過ぎる。103年年ぶりの秋田県勢決勝です!今度は守りきった勝 …

『日詩』7月11日〜21日のおまとめ

7月に、早い夏休みをとって実家でのんびりしすぎて、まとめるのが遅くなってしまいま …

日詩 4月1日〜10日(2018)

日詩のまとめです。 日詩(ツイッター詩まとめ) 4月1日〜10日 例えばこんな詩 …

『日詩』6月11日〜21日のおまとめ

日詩 6月11日 梅雨の間(ま)の晴天 このまま明けて夏となれ この叶わぬ願い …

手帳一筋73年、ダイゴーの手帳

嫁に良く言われる。 「あなたって、必要以上にちっちゃい手帳と、必要以上におっきい …

我が故郷・東成瀬村の『広報ひがしなるせ』

故郷・東成瀬村(秋田県)から、毎月『広報ひがしなるせ』が届く。 これが毎回楽しみ …

『日詩』のまとめ。12月1日〜10日分です。

早いものでもう12月ですね。 師走の忙しい時期ですが、もしよろしければお読み下さ …

日々の徒然
初めて秋田魁新報に書いたのがもう14年前

今もまだ秋田魁新報の『遠い風近い風』でエッセイを連載させてもらっている。初めて連 …