桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

林家たい平師匠

   

林家たい平さんを取材して来ました。笑点などのテレビで見る印象とはちょっと違って、マジメで真摯な感じの人で、感動しました。

また、歌人としての才能もおありなんですね。仕事場の応接室にご自身が筆書きされた自作の句が飾ってありました。
「山梔子の喋りたいのにひとり」。
種田山頭火に通ずる詩心を感じました。書も達筆です。

僕は知らなかったのですが、たい平さんは18年間「芝浜の会」というのをやっているそうで、毎年成長する林家たい平の「芝浜」を聞くことのできる会とのこと。
「芝浜」っていいですよね。たい平さんの「芝浜」は聞いたことがないので、ぜひ聞きに行きたいと思っています。

 - 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

『日詩』のまとめ。10月11日〜20日分です。

『日詩』ツイッター詩まとめ(10月11日〜20日)

日々の徒然
こんな夢を見ました

夢を見た。 家(たぶん実家)の屋根に穴が空いたのか雨漏りがする。昔風に、とりあえ …

日々の徒然
初めて秋田魁新報に書いたのがもう14年前

今もまだ秋田魁新報の『遠い風近い風』でエッセイを連載させてもらっている。初めて連 …

新聞スクラップシリーズ“自転車の三角乗り”

これも去年の新聞。 おそらく今の若い人は知らないだろうなぁ。 自転車の三角乗り。 …

熱々ご飯に冷カレー

いっとき、イチローが朝カレーを食べるとの情報があり、朝からカレーを食べさせる店が …

世界一遅いジェットコースター

世界一なんていうタイトルが大袈裟すぎますが、本当だからしょうがない。 「あらかわ …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録6

 Sさんが好きだというアンティック屋さんがたんさんあるプレスコットという町を経て …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録9

 適当なモーテルをみつくろってチェックインしたのだが、土曜の夜だったからなのか、 …

日々の徒然
あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願い致します。 昨年作った新しいブログ『詩郷(うたざと)』htt …

たらふく牡蠣を食べました

 娘の誕生日の晩餐。なぜか牡蠣。いろいろリクエストは聞いたのだ。最初は子供らしく …