桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

トラック野郎は楽しい

      2020/02/11

 毎日書く日記のような詩“日詩”を提案してから5年。その中にも何度か登場するのが、大型トラックからの風景の気持ち良さを詠ったもの。そのトラック、実はこの『博多引越本舗』さんのものなのだ。ドライバーに10年来の友達が何人もいて、たまに乗せてもらう。仕事もさせてもらう。もちろんバイト代ももらう(笑)。それにしても、やっぱり大型トラックは気持ちいい。しかも、写真は久しぶりに購入したという新車。運送業界は、超大手以外、中古の売買が普通で、10万キロ越えなんてのも普通に走っていたりする。もちろんメンテナンスは欠かせないが。そんな中、新車はわりと珍しい。熟練のドライバー達も、配車された当初は、子供のように目を輝かせて、代わる代わる運転席に座って嬉々とした表情を見せていた。僕も乗せてもらったが、うーん、快適。自分のトラックを持ち長距離運送を生業としている人の中には、テレビや冷蔵庫も備えて自分の部屋のようにしている人もいると聞いたが、その気持ちもわかる。これだけ広くて、仮眠スペースまでついているのだから、ついつい部屋として扱ってしまうのだろう。さすがにここに住みたいとは思わないが(笑)、これで旅をするのも悪くない。今度、博多まで連れてってもらおうかな。

 - 2020年, 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

手帳一筋73年、ダイゴーの手帳

嫁に良く言われる。 「あなたって、必要以上にちっちゃい手帳と、必要以上におっきい …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録7

 夕食は近くの『COFFEE SHOP』と銘打った店へ。コーヒーショップという名 …

根津甚八さんとの想い出

俳優の松方弘樹さんが1月21日に74歳で亡くなったというニュースが飛び交った。松 …

『日詩』6月11日〜21日のおまとめ

日詩 6月11日 梅雨の間(ま)の晴天 このまま明けて夏となれ この叶わぬ願い …

がんばれバレンタインデー

 昔ほど、バレンタインデーが盛り上がってないような気がするのは、気のせいだろうか …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録23

8月21日  朝起きて(何故か今日は早く起きる。最後の日だからか?)、オールドツ …

ロウバイまつり

 ロウバイ、蝋梅、蠟梅などと書き、唐梅(カラウメ)と呼ばれたりもする植物。梅の漢 …

親父に教えられた「つむり」

この正月は、秋田の実家から両親が訪れており、81歳の親父とも、よく酒を酌み交わし …

スゴイ御利益がある!!…らしい『小網神社』

 今年から、84歳になる親父とお袋、が豪雪の秋田が嫌で冬だけ東京暮らしを始めた。 …

おせちは大晦日がいい

 東京で初めての年末年始を迎えた時、僕の田舎とは随分違うものだと感慨深かった思い …