桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

護美箱(ごみばこ)と書きたい

      2017/02/03

秋田の新聞『秋田魁新報』に連載中の『遠い風近い風』というエッセイに、昔、こんなものを書いた。前半は割愛するが、後半のゴミ箱の下りが、今でもそうあってほしいと願っている。
で、以下、転載。

東京の街にはゴミ箱がないことに気づく。結局、家に帰るまで、バッグの中に空いたペットボトルが入ったままとなる。
 ゴミは家に持ち帰りましょうという昨今の風潮からすると、決して悪いことではないのだが、やはり不便である。地下鉄サリン事件のせいで、テロ対策のため、地下鉄のゴミ箱がすべて撤去され、それにともなって地上の駅からもゴミ箱が消えた。その後、街のゴミ箱もなくなっていった。今、駅のホームには少しずつ戻ってきてはいるものの、いまだ街には少ない。
 小学生の低学年の頃、村の電柱にゴミ箱を取り付けるという課外実習(?)をさせられたことがある。ゴミ箱を増やしてポイ捨てをなくそうということだったと思う。業務用の大きな缶詰の空き缶や、四角いブリキの一斗缶などに、ゴミ箱と書いて、針金で電柱にくくりつけていくのだが、この時、幼い僕らはひらがなで「ごみばこ」と書き、高学年の先輩たちは「ゴミ箱」なんて書いていた。
 そんな中に、僕には読めない言葉があった、おそらく中学生のお兄さん、お姉さんが書いたのだろう。そこには「護美箱」とあった。とてもきれいな字で書かれていたこともあって、子供心にゴミを捨てるのがもったいないなと思った記憶がある。その字が「ごみばこ」と読むのだというのは聞いてわかったが、なぜそんな漢字なのかはずいぶん後に知った。小さかった僕はまだ「護」を「まもる」と読めなかったのだ。ゴミ箱は「美しさをまもる箱」、だから「護美箱」だったのだ。誰が考えたか知らないが、「ゴミ箱」や「ダストボックス」などと書かれてあるものより、数段粋であるし日本語としても美しい。これなら、ゴミ箱は汚いものだというイメージが払拭される。むしろ大切なものだという印象になる。実にうまいネーミングである。

 - 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

米農家を変える若者たち

週刊朝日の連載「美し国旨し米」、早いもので13回目を迎えてしまいました。今回から …

世界一の花時計だとか

少し前に、伊豆の土肥温泉に行って来ました。もともと西伊豆は好きな場所の一つですが …

シルヴァスタインの絵本

友だちが持っていた絵本。勧められて読んだら深くてハマった。有名らしいが恥ずかしな …

日々の徒然
奈良の住宅地に牧場!明治創業の宮内庁御用達の牛乳

 植村牧場というのを取材しまして、ちょっと感動したのでご紹介。  明治17年創業 …

宇崎竜童 70thバースデーライブ アンソロジー2016取材雑記

 宇崎さんの70歳の誕生日ライブ。行って来ました。もう一ヶ月近く前なのですが、そ …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録9

 適当なモーテルをみつくろってチェックインしたのだが、土曜の夜だったからなのか、 …

郷土料理『のとろ』(秋田県東成瀬村)

うちの村なのか、うちの家なのかわからないが、僕が子供の頃から食べている料理(鍋と …

『日詩』のまとめ6月1日〜10日分アップしました

日誌ならぬ『日詩』。半年目に突入。今年の梅雨は晴れの日が多いのですが、気分が梅雨 …

電車の上り下りは…

両親が遊びに来ていて、毎晩宴会となっているのだが、なかなか面白いテーマが持ち上が …

日々の徒然
長靴を履こう!

たまたま雪が降った日にふと思った。 長靴はいつからカッコ悪いものになったのか。ブ …