桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

絵本『みえるとかみえないとか』

      2019/01/24

講師をやっている『よみうりカルチャー町田』のエッセイ教室の生徒さんが、題材として取り上げた絵本がコレ。貸して頂いたので読んでみたら、これが秀逸。

テーマはたぶん“差別”。主人公の少年は宇宙飛行士で、仕事はいろいろな星の調査をすること。その過程で、いろいろな宇宙人に出会うのだが、目が三つある宇宙人に、目が二つしかない少年が驚かれたり、不憫がられたり、同情されたりする。

もともと地球人は目が二つなので、何の不便もないのだが、「背中が見えないなんて」とか「えー、後ろが見えないのに歩いてる」とか言われ、「目が二つしかない話題には触れないようにしよう」とか言われてしまう。

少年にとってはもちろん生まれつき目は二つなので、当たり前のことを同情されている感じだ。これがつまり、僕らが、目の不自由な人に対して感じたり、実際に行ったりしている態度とカブるわけです。

ポイントは自分と違うと思っている人も、その人にとっては当たり前だったりするので、差別はもちろんいけなかが、過剰に同情するのもおかしいということ。みんな普通に付き合えれば、みたな楽しいのに…というお話。深くて良い絵本でした。

 - 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録5

8月12日  気持ちよく目覚め、まずは空港に帰りのチケットを買いに行く。22日の …

電車の中吊り広告から“支援しない支援”に共感

これは、去年「その通り!」と思って電車の中で写真を撮ってしまった中吊り広告。 悩 …

医者のスネに味噌をつける

我が故郷、秋田県東成瀬村には、『豆腐あぶり』という冬の風習がある。基本的には各家 …

『日詩』のまとめ。11月11日〜20日分です。

よろしければ 『日詩』ツイッター詩まとめ(11月11日〜20日)

日々の徒然
フリーライターの価格破壊なんだとか

クローズアップ現代で取り上げていた話題。 昨今、取りざたされる在宅ワーク。つまり …

日々の徒然
「日誌」ならぬ『日詩』

日記は子供の頃から三日坊主。なのに、さらにハードルの高い毎日書く詩に挑戦してます …

日々の徒然
奇妙な夢を見た

奇妙な夢を見た。 誰かは思い出せないのだが 相当親しい人が死んだようだ。 葬式の …

宇崎竜童 70thバースデーライブ アンソロジー2016取材雑記

 宇崎さんの70歳の誕生日ライブ。行って来ました。もう一ヶ月近く前なのですが、そ …

日々の徒然
ラベンダーの日本酒が美味!!

タイトル見ただけで、ちょっと引きますよね。ラベンダーの日本酒???って。僕もそう …

日々の徒然
奈良の住宅地に牧場!明治創業の宮内庁御用達の牛乳

 植村牧場というのを取材しまして、ちょっと感動したのでご紹介。  明治17年創業 …