桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

『日詩』6月11日〜21日のおまとめ

   

日詩 6月11日

梅雨の間(ま)の晴天
このまま明けて夏となれ
この叶わぬ願い
一度や二度の気晴らしで
曇った心の靄(もや)が
振り払えないのに似ている

日詩 6月12日

右手に缶ビール
左手に幼子の手
澄んだ青空も気持ち良く
川沿いに造られた
郊外の街を歩く
最先端の商業施設と
適度に残された自然
そのアンバランスさが心地いい
ビルの谷間の広場では
その日限りのフェスが
その賑(にぎ)わいに吹く川風に
幼子の長い髪が
気持ち良さそうに揺れている

日詩 6月13日

来たぞ来たぞ
雨が来たぞ
梅雨だというのに
らしくないここ数日の晴れ間
浮かれる人間たちの
目を覚ます嵐雨

日詩 6月14日

この空の色を
何色と呼んだらいいのだろう
山の色を
川の色を
海の色を
何色と呼んだらいいのだろう
青?緑?水色?エメラルドグリーン?
色を表すどの言葉も
この目が捉えた
揺さぶられる色彩の前では
すべて陳腐だ

今朝の空は、
そんな色彩(いろ)

日詩 6月15日

傘を買おう
心が折れる雨の日のために
激しい雨にも折れない傘を
滅入る気持ちを癒してくれる傘を
心細い雨の日のために
お気に入りの傘を買おう

日詩 6月16日

我慢を重ね努力を重ね
それを見せない日々を重ね
頂きを極めるたびに
孤独は深まるばかり
孤独を愛せる者などいない
孤独に克てる者などいない
ただ一人耐えるのみ

日詩 6月17日

帰ると居間の絨毯に
なにやら二つの物体が
大小おんなじかっこでゴロリ
右へゴロンタ左へゴロンタ
大小おんなじかっこでゴロンタ
こちらに気づくとムクリと顔上げ
こちらもムクリあちらもムクリ
大小おんなじかっこでムクリ
母子二つの物体が
大小おんなじかっこでニコリ

ただいま

日詩 6月18日

もみじの指が
一本一本弾く
ピアノの音色は
一生懸命に部屋を渡る
真剣な眼差しから生まれた
一つ一つの音符の赤ちゃんは
あっちこっちに飛びながら
明るい声を張り上げて
部屋中に笑顔を響かせる

日詩 6月19日

あじさいは梅雨の花だという
アジサイには雨が似合うという
梅雨の晴れ間のあじさい寺に
こんもり咲き乱れる
青紫のアジサイ
青空に映え太陽に笑う
この紫の花が好きなのは
雨よりもきっと陽の光
だからあじさいはアジサイより紫陽花がいい

日詩 6月20日

埃にまみれて働くことと
誇りにまみれて働くことは
似て非なるものか
埃にまみれて働くことは
誇りにまみれて働くことだ

 - 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

『日詩』7月1日〜10日のおまとめ

そろそろ言葉や表現がかぶらないように気をつけなきゃと意識し始めてます。 『日詩』 …

工作に使う“糊”に似てるから『のり餅』なのか?

米粉で作ったもちを、父の実家の地域(秋田県東成瀬村菅の台)では、『のり餅』と言っ …

日々の徒然
親父の言葉 1

「人生あまりに短い 怒ってたって馬鹿馬鹿しい 自分の時間を損するだけ 怒るぐらい …

『日詩』4月11日〜20日アップしました

日々、いろいろありますが、 日誌ならぬ『日詩』続けております。 よろしければ 『 …

道元の『正法眼蔵』がムズおもしろい

曹洞宗の開祖・道元の著した『正法眼蔵』が難しいけど面白い。 僕の情報不足なのか、 …

アメ横

昨日、根津神社に行ったついでに、久しぶりにアメ横に寄った。まだ幼稚園の幼い娘が、 …

日々の徒然
昔の納豆の作り方…だそうです

最近、納豆を手作りする人が増えている。基本的には、大豆を煮て、それに市販の納豆を …

樫田正剛の舞台『伊賀の花嫁』

30年来の友人。樫田正剛氏が脚本・演出を手がける舞台を久しぶりに観に行った。その …

世界一の花時計だとか

少し前に、伊豆の土肥温泉に行って来ました。もともと西伊豆は好きな場所の一つですが …

宇崎竜童さんと誕生日が一緒

 以前、宇崎竜童さんのインタビューをした旨の話を書きましたが、実は僕、誕生日が一 …