桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

『日詩』6月11日〜21日のおまとめ

   

日詩 6月11日

梅雨の間(ま)の晴天
このまま明けて夏となれ
この叶わぬ願い
一度や二度の気晴らしで
曇った心の靄(もや)が
振り払えないのに似ている

日詩 6月12日

右手に缶ビール
左手に幼子の手
澄んだ青空も気持ち良く
川沿いに造られた
郊外の街を歩く
最先端の商業施設と
適度に残された自然
そのアンバランスさが心地いい
ビルの谷間の広場では
その日限りのフェスが
その賑(にぎ)わいに吹く川風に
幼子の長い髪が
気持ち良さそうに揺れている

日詩 6月13日

来たぞ来たぞ
雨が来たぞ
梅雨だというのに
らしくないここ数日の晴れ間
浮かれる人間たちの
目を覚ます嵐雨

日詩 6月14日

この空の色を
何色と呼んだらいいのだろう
山の色を
川の色を
海の色を
何色と呼んだらいいのだろう
青?緑?水色?エメラルドグリーン?
色を表すどの言葉も
この目が捉えた
揺さぶられる色彩の前では
すべて陳腐だ

今朝の空は、
そんな色彩(いろ)

日詩 6月15日

傘を買おう
心が折れる雨の日のために
激しい雨にも折れない傘を
滅入る気持ちを癒してくれる傘を
心細い雨の日のために
お気に入りの傘を買おう

日詩 6月16日

我慢を重ね努力を重ね
それを見せない日々を重ね
頂きを極めるたびに
孤独は深まるばかり
孤独を愛せる者などいない
孤独に克てる者などいない
ただ一人耐えるのみ

日詩 6月17日

帰ると居間の絨毯に
なにやら二つの物体が
大小おんなじかっこでゴロリ
右へゴロンタ左へゴロンタ
大小おんなじかっこでゴロンタ
こちらに気づくとムクリと顔上げ
こちらもムクリあちらもムクリ
大小おんなじかっこでムクリ
母子二つの物体が
大小おんなじかっこでニコリ

ただいま

日詩 6月18日

もみじの指が
一本一本弾く
ピアノの音色は
一生懸命に部屋を渡る
真剣な眼差しから生まれた
一つ一つの音符の赤ちゃんは
あっちこっちに飛びながら
明るい声を張り上げて
部屋中に笑顔を響かせる

日詩 6月19日

あじさいは梅雨の花だという
アジサイには雨が似合うという
梅雨の晴れ間のあじさい寺に
こんもり咲き乱れる
青紫のアジサイ
青空に映え太陽に笑う
この紫の花が好きなのは
雨よりもきっと陽の光
だからあじさいはアジサイより紫陽花がいい

日詩 6月20日

埃にまみれて働くことと
誇りにまみれて働くことは
似て非なるものか
埃にまみれて働くことは
誇りにまみれて働くことだ

 - 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

亀戸天神社うそかえ神事

 久しぶりに亀戸天神に行って来た。春の藤まつりの時には何度か訪れたことがあるが、 …

工作に使う“糊”に似てるから『のり餅』なのか?

米粉で作ったもちを、父の実家の地域(秋田県東成瀬村菅の台)では、『のり餅』と言っ …

ウルトラマンの円谷英二は大器晩成だった…らしい

※画像は、円谷プロ公式サイトより  https://m-78.jp  2月13日 …

日詩 3月21日〜31日(2018)

日詩のまとめです。 日詩(ツイッター詩まとめ) 3月21日〜31日 例えばこんな …

わがまま王子は世間知らずなだけ?

わがままだった王子がいました あまりに自分本位で意地悪なので 魔女が懲らしめるた …

故郷の子供たちの贈り物

机の上の本棚を整理していたら、こんなものが出てきました。 首都圏なるせ会でもらっ …

日々の徒然
フリーライターの価格破壊なんだとか

クローズアップ現代で取り上げていた話題。 昨今、取りざたされる在宅ワーク。つまり …

米農家を変える若者たち

週刊朝日の連載「美し国旨し米」、早いもので13回目を迎えてしまいました。今回から …

日詩 9月21日〜30日(2018)

日詩のまとめです。 日詩(ツイッター詩) 9月21日〜30日

日々の徒然
最低最悪の日 by園児

「明日は最低最悪の日」と園児の娘が言う。 園が始まるからだとのこと。「イヤ」とか …