桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

ライスカレーの哀しい想い出

   

子供の頃 、なんであんなんにライスカレーが楽しみだったのだろう。うちの場合、大概はパッパ(祖母)が作ってくれたライスカレー。もちろん市販のルーだ。僕が好きだったのはグリコワンタッチカレー甘口。パッケージが赤いやつ。いつか大人になったら黄色の辛口を食べるのが小さな夢だった。その夢が叶えられる年になる頃には、ライスカレーはカレーライスと呼ぶようになり、ルーの種類も増えたのでグリコワンタッチカレーは台所に登場することもなくなったが。

グリコワンタッチカレーに慣れた僕は、ある時パッパが作ったカレー粉と小麦粉のカレーを「マズイ」と拒否した覚えがある。僕が生まれた小さな村は、今と違って、カレールーをすぐに手に入れられる環境ではなかった。だから、カレーが食べたいと言った孫に、なんとかカレーを食べさせてあげようと、パッパは頑張ったのだ。あいにく肉もないから魚肉ソーセージ。魚肉ソーセージは僕の大好物だったから、きっとバッパは、孫が喜んでくれると思って作っていたはずだ。それがよもやの反応。孫に全否定されるのである。子供だったとはいえ、ヒドいよね。

でも、パッパは怒らなかったし、悲しんだ様子もなかった。確かに、今自分の子供に言われて腹が立つかと問われれば、可愛い子供のすることだから、まったく何とも思わない。だからたぶん、パッパもそれほど何とも思わなかったとは思う(たぶん可愛がられてたと思うから(笑))。

でも、僕自身が、当時子供の佐々木桂に腹が立つのだ。そしてやはり、パッパにはごめんなさいと、今思う。子供って、孫って、そんなものかもしれない。謝りたい時に、その人はもうこの世にいないのだ。

 

 - 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

%e6%a0%b9%e6%b4%a5%e5%8d%83%e6%9c%ac%e9%b3%a5%e5%b1%85
根津神社の千本鳥居

成人式で晴れ着がいたるところで花咲く都内の9日。こんな日に神社にいったら混むだけ …

image
シルヴァスタインの絵本

友だちが持っていた絵本。勧められて読んだら深くてハマった。有名らしいが恥ずかしな …

IMG_0574
樫田正剛の舞台『伊賀の花嫁』

30年来の友人。樫田正剛氏が脚本・演出を手がける舞台を久しぶりに観に行った。その …

日々の徒然
どじょっこふなっこ

今の若い人はあまり知らないかもしれないが、 「どじょっこふなっこ」という童謡があ …

アメ横
アメ横

昨日、根津神社に行ったついでに、久しぶりにアメ横に寄った。まだ幼稚園の幼い娘が、 …

日詩 半紙に筆文字
『日詩』4月1日〜10日アップ

早いものでもう4月。 4月の初めは、新しい出会いの季節。 素敵な仲間と出会うこと …

日詩窓大
『日詩』7月1日〜10日のおまとめ

そろそろ言葉や表現がかぶらないように気をつけなきゃと意識し始めてます。 『日詩』 …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録3

 1988年の夏、僕は、バイク仲間でありライターの先輩でもあった友人のSさんとア …

日々の徒然
あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願い致します。 昨年作った新しいブログ『詩郷(うたざと)』htt …

日詩紙ナプキンに万年筆にじみ
『日詩』のまとめ6月1日〜10日分アップしました

日誌ならぬ『日詩』。半年目に突入。今年の梅雨は晴れの日が多いのですが、気分が梅雨 …