桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

ライスカレーの哀しい想い出

   

子供の頃 、なんであんなんにライスカレーが楽しみだったのだろう。うちの場合、大概はパッパ(祖母)が作ってくれたライスカレー。もちろん市販のルーだ。僕が好きだったのはグリコワンタッチカレー甘口。パッケージが赤いやつ。いつか大人になったら黄色の辛口を食べるのが小さな夢だった。その夢が叶えられる年になる頃には、ライスカレーはカレーライスと呼ぶようになり、ルーの種類も増えたのでグリコワンタッチカレーは台所に登場することもなくなったが。

グリコワンタッチカレーに慣れた僕は、ある時パッパが作ったカレー粉と小麦粉のカレーを「マズイ」と拒否した覚えがある。僕が生まれた小さな村は、今と違って、カレールーをすぐに手に入れられる環境ではなかった。だから、カレーが食べたいと言った孫に、なんとかカレーを食べさせてあげようと、パッパは頑張ったのだ。あいにく肉もないから魚肉ソーセージ。魚肉ソーセージは僕の大好物だったから、きっとバッパは、孫が喜んでくれると思って作っていたはずだ。それがよもやの反応。孫に全否定されるのである。子供だったとはいえ、ヒドいよね。

でも、パッパは怒らなかったし、悲しんだ様子もなかった。確かに、今自分の子供に言われて腹が立つかと問われれば、可愛い子供のすることだから、まったく何とも思わない。だからたぶん、パッパもそれほど何とも思わなかったとは思う(たぶん可愛がられてたと思うから(笑))。

でも、僕自身が、当時子供の佐々木桂に腹が立つのだ。そしてやはり、パッパにはごめんなさいと、今思う。子供って、孫って、そんなものかもしれない。謝りたい時に、その人はもうこの世にいないのだ。

 

 - 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

日々の徒然
親父の言葉 1

「人生あまりに短い 怒ってたって馬鹿馬鹿しい 自分の時間を損するだけ 怒るぐらい …

日々の徒然
奈良の住宅地に牧場!明治創業の宮内庁御用達の牛乳

 植村牧場というのを取材しまして、ちょっと感動したのでご紹介。  明治17年創業 …

日々の徒然
3月4日さきがけ新聞寄稿で書けなかった「僕の緊張」について

秋田の「さきがけ新聞」から、秋田県の公立高校を受験する中学生にエールを送る原稿を …

%e3%83%91%e3%83%b3%e5%b1%8b%e3%81%ae%e3%83%86%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%ab
『日詩』のまとめ。11月11日〜20日分です。

よろしければ 『日詩』ツイッター詩まとめ(11月11日〜20日)

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録12

 とにかく今日は“走り日”だ。ひたすら車を走らせる。ギャロップからアルバカーキー …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録11

 幸い来てくれたポリスは、割と親切なメキシコ系アメリカ人。移動の件もスルーのまま …

%e5%b9%b4%e5%af%84%e3%82%8a%e3%81%ab%e9%83%a8%e5%b1%8b%e8%b2%b8%e3%81%95%e3%81%9a%e8%a8%98%e4%ba%8b
年取ったら部屋を貸してくれないんだと

朝日新聞に、こんな記事があった。 年寄りには部屋を貸さない大家が多いんだとか。 …

徒然成瀬のくん炭
東成瀬村の“くん炭”

昨日届いた『広報ひがしなるせ』に“くん炭”という文字を見た。くん炭?何だろう?と …

徒然総持寺大祖堂
曹洞宗の二大総本山・総持寺

神様にお参りしたかと思ったら、次の日は仏様。この節操のなさが日本人の良いところ。 …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録5

8月12日  気持ちよく目覚め、まずは空港に帰りのチケットを買いに行く。22日の …