桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

30年前のアメリカ紀行備忘録18

      2019/01/14

8月18日

 昨日の夜、閉所恐怖症の夢を見て、息苦しくなって飛び起きた。ドアに向かって駆けだしてドアを開けた。要するに寝ぼけたってことらしい。Sさんも僕が飛び起きた瞬間から目が覚めて一部始終を見ていたそうだが、僕が気が触れたと思って声を掛けなかったそうだ(笑)。
 朝起きて、サンアントニオの街を散策。アラモの砦でお土産を買う。公園でヘンな氷ジュース(?)を買うが、マズイ。腹を壊しそう。でも、それを売っている女の子は可愛かったので写真を撮る。街ではかなり写真を撮った。被写体が多いのだ。ほとんどが人物だ。写真は人が入っていないと面白くない。
 アンティークショップで、物々交換に使えそうな物を買う。パイプ5ドルとナイフ7ドル…と思って買おうとしたら、僕の勘違いだったのか何とナイフが100ドルもする。あわててパイプだけ買う。またまた店の女の子が可愛かったので写真を撮らせてもらう。
 サンアントニオはほとんど別行動の自由行動としていたので、一人でいろいろ回った。最後にちょっと都会っぽいプラザで休憩。そこで久々にチャーハン(のようなもの)を食べた。東南アジアの料理のようだったがウマかった。でも、日本で食ったらマズイものなんだろう。
 サンアントニオを後にする前に、SさんとTOWER OF AMERICASに登る。高所恐怖症のSさんがビクビクで面白い。

 - 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ロウバイまつり

 ロウバイ、蝋梅、蠟梅などと書き、唐梅(カラウメ)と呼ばれたりもする植物。梅の漢 …

日詩 4月11日〜20日(2018)

日詩のまとめです。 日詩(ツイッター詩まとめ) 4月11日〜20日 例えばこんな …

東京へ出発です!

大好きな『日の丸酒造』の「まんさくの花」の看板に見送られて、最寄りの駅から出発で …

『傷だらけの天使』が哀しい

傷だらけの天使第6話は まさに貧乏人の哀しさ ラストシーンは 蟹工船の読後の気分

スゴイ御利益がある!!…らしい『小網神社』

 今年から、84歳になる親父とお袋、が豪雪の秋田が嫌で冬だけ東京暮らしを始めた。 …

『日詩』8月1日〜10日のおまとめ

いやあ、暑いですねぇ。 でも『日詩』は書いてましたよ〜。 『日詩』ツイッター詩ま …

ウルトラマンの円谷英二は大器晩成だった…らしい

※画像は、円谷プロ公式サイトより  https://m-78.jp  2月13日 …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録9

 適当なモーテルをみつくろってチェックインしたのだが、土曜の夜だったからなのか、 …

日々の徒然
親父の言葉 1

「人生あまりに短い 怒ってたって馬鹿馬鹿しい 自分の時間を損するだけ 怒るぐらい …

日々の徒然
フリーライターの価格破壊なんだとか

クローズアップ現代で取り上げていた話題。 昨今、取りざたされる在宅ワーク。つまり …