桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

金がなければ時間もなくなる

      2020/03/19

 こんな記事が。

 その通りだね。
 よく「金はないけど時間なら腐るほどあるからさぁ」なんて会話をすることがある。また、金のある奴は「忙しくて時間がいくらあっても足りない」なんて言う。いつも逆だよなぁって思って来た。
 金があれば満員電車に乗ることなく、車で移動できる。その車中で用事も済ませられる。今やパソコンとスマホで何でも済むのだから、自分だけの空間さえあれば、早急に事を進められるのだ。しかし、電車は公共の場だから、メールや調べ物等はできても、会話は無理。また、必ず座れるわけではないからパソコンを開けるとも限らない。金持ちが一仕事片付けている間、金のない奴は、まずここで、移動時間という無駄時間を過ごさなければならない。
 金がない時には、本屋でまず迷う。本屋は何時間いても飽きないから、それはそれでいいのだが、買いたい本が何冊もあるのに買えないジレンマはつらい。「図書館にいけばいいじゃないか」と言う人もいるかもしれないが、僕は図書館の本では満足できない。どの図書館に行っても、満足できる本がないのだ。「これを借りる」というピンポイントの目的がある場合はいいのだが、なぜかしらないが、図書館で衝動借りというのはない。本屋さんと図書館の配置の仕方なのだろうか。これは僕だけの嗜好かもしれないので、何とも言えないが、とにかく本屋でしか味わえないワクワクがあるのだ。
 で、ワクワクするだけで買えないジレンマに、何時間も苛まれるのである。ほら、これも、時間の無駄と言えば言える。金があれば、僕が本屋で迷っている間に、さっと10冊ぐらい買い込んで、すでに家で読み始めているはずなのだから。
 ということで、この記事は、ホントに「その通り」と思った次第である。

 - 2020年, 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

日々の徒然
『日詩』2月1日〜10日分アップしました。

ツイッターにあげている『日詩』。2ヶ月目に入りました。まだ続いています。10日分 …

穴八幡

穴八幡に行って来た。 ウィキペディアには歴史やら由来やら、ありがたみのあることが …

根津甚八さんとの想い出

俳優の松方弘樹さんが1月21日に74歳で亡くなったというニュースが飛び交った。松 …

『ザ・ロイヤルファミリー』(早見和真・著)

新聞の読書欄で、これを見つけた。デジタルと違って、紙の新聞の良さは、こうやってパ …

『談志の落語』(静山社文庫)

 新聞に立川談春さんの記事が載っていた。師匠である故・立川談志は、二人目の父であ …

日詩 6月11日〜20日(2018)

日詩のまとめです。 日詩(ツイッター詩まとめ) 6月11日〜20日 例えばこんな …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録16

8月17日  コーパスは曇り・雨  対岸に渡って一周し、ダウンタウンへ行く予定を …

宇崎竜童さんに取材

久しぶりに宇崎竜童さんに取材しました。週刊朝日です。 取材やバイクを通じて、もう …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録18

8月18日  昨日の夜、閉所恐怖症の夢を見て、息苦しくなって飛び起きた。ドアに向 …

日々の徒然
初めて秋田魁新報に書いたのがもう14年前

今もまだ秋田魁新報の『遠い風近い風』でエッセイを連載させてもらっている。初めて連 …