桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

スゴイ御利益がある!!…らしい『小網神社』

      2020/01/26

 今年から、84歳になる親父とお袋、が豪雪の秋田が嫌で冬だけ東京暮らしを始めた。とはいっても、弟の狭い部屋に転がり込んだ格好なのだが。
 それで、弟にばかり負担を掛けてはいけないので、長男としても、親をどこかに連れ出さなければと思い、調べ物好きの細君に頼んだら、さっそくいろいろ調べてくれた。年寄りだから神社がよかろうとの、安直な考えではあったが、何と日本の神社でも1位2位を争う御利益のある神社とか。それが日本橋に鎮座する『小網神社』。実際に行ってみると、「え?ここ?」って感じの小さい神社。しかも住宅や雑居ビルに囲まれた場所にひっそりとある。しかし、建物はひっそりでも、参拝者がスゴイ。神社前の道路に沿って、そのぐるりを取り巻くように延々並んでいる。
 ここは特に強運・厄除けの神様として名高いらしい。その理由がさまざまなエピソード。小網神社のオフィシャルサイトから転載すると、こんな感じ。
『第二次世界大戦の際、戦地へ赴くことになった氏子の出征兵士に対し行った出征奉告祭に参列し、当神社の御守を受けた兵士が全員生還されました』
『東京大空襲の際は、社殿を含む境内建物は奇跡的に戦災を免れています』
『関東大震災当時、宮司は稲荷大神や弁財天等の御神体を抱え、近くの新大橋に避難しました。そこへ大挙して避難してきた人々に混乱がなく、また新大橋自体も落ちずに、大勢の人が助かったといわれています』
 これらの伝説から、パワースポットとしても大人気で、さらに、ここには銭洗い弁天もあるため、
『境内の「銭洗いの井」で金銭などを清め、財布などに収めておくと財運を授かる』
とのこと。
 家族全員、みんなで洗って財布に入れた。ちなみに僕は令和元年の五円玉。今年はきっと良い年に。

 - 2020年, 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

日詩 1月21日〜31日(2018)

日詩(ツイッター詩)のまとめです。 例えば1月21日は… 都会で雪を見ている 舞 …

老眼コンタクト(遠近両用コンタクト)

 3〜4年前から、老眼コンタクトを使い始めた、僕はそう呼んでるが、正確には『遠近 …

『日詩』のまとめ。12月1日〜10日分です。

早いものでもう12月ですね。 師走の忙しい時期ですが、もしよろしければお読み下さ …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録8

 8月13日  朝からグランドキャニオンへ向かう。どこまで行っても果てしない大地 …

ふくみちゃん

娘が初めて詩を書いた ふくみちゃん  ふたつのいろの どっちかから うまれてきた …

郷土料理『のとろ』(秋田県東成瀬村)

うちの村なのか、うちの家なのかわからないが、僕が子供の頃から食べている料理(鍋と …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録3

 1988年の夏、僕は、バイク仲間でありライターの先輩でもあった友人のSさんとア …

紅白歌合戦はもう一度録画で

 この間も書いたが、おせちは大晦日に食べ、その他のごちそうを頬張りながらの大宴会 …

日詩 11月1日〜10日(2018)

日詩のまとめです。 日詩(ツイッター詩) 11月1日〜10日 こんな詩も… キリ …

医者のスネに味噌をつける

我が故郷、秋田県東成瀬村には、『豆腐あぶり』という冬の風習がある。基本的には各家 …