桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

新聞スクラップシリーズ“自転車の三角乗り”

      2018/02/14

これも去年の新聞。
おそらく今の若い人は知らないだろうなぁ。
自転車の三角乗り。
この新聞の写真にも出ているが、
サドルの前下方部分、前輪と後輪の間といった方が分かりやすいか、
フレームが、逆三角形になっている部分がある。

昔の子供は、サドルに座るとペダルに足が届かなかったものだから、
この三角部分の空間から足を入れて、ペダルに足を到達させ、立ちこぎで乗ったのである。
自転車に乗るときは、自転車の左側に立って、右足を上げてサドルをまたぐのが普通だろう。
しかし、子供は大人の自転車では、これができない。
女子用のフレームが三角ではなく、斜めになっているものなら、そのフレームをサドル代わりにしたり、そのフレームの上から右足を入れて右のペダルに足を乗せられるが、三角のフレームだとそれができない。
なので、左側に立ったら、右足をこの三角のフレームの空間から差し入れて、右のペダルを踏むのである。
そして動き出したらそのまま立ちこぎである。
と説明しても文章ではなかなか通じないだろうが…。
でも、想像して頂きたい。
これだと体の大部分が自転車の左側に残ることになる。つまり重心は思いっきり左にあるため、
ハンドルをかなり右に倒す(正確には自転車本体をかなり右に倒すためにハンドル操作をする)ようにして、バランスを取らないと倒れてしまう。かなり高度なワザなのである。
僕は幸い、子供用自転車があったので、それで自転車を乗れるようになってから、この“三角乗り”に挑戦したのでなんとか乗れたが、そもそも自転車に乗れるようになるための練習を、こんな方法でやっていた子たちは、どんな運動神経をしていたのだろうと、今さらながら感心してしまう。

ちなみに、僕も小学生の頃、新聞配達、牛乳配達、ヤクルト配達を、自転車でやっていたので、このストーリーに出て来る少年の気持ちが痛いほどわかったのである。

 - 日々の徒然

Comment

  1. 小松 より:

    過去のいろいろな忘れかけていたことなどを、こちらのブログや、魁新報社連載中のエッセイを読んでで思い出したりして、楽しんでいます。大学入学式の話など、ね。
    私は、半世紀前、高校の制服で出席しました。一人で、大曲駅から夜行列車で上京しました。
    確かに言えます、悲しかったことや、間違ったことが沢山あったけど、いい人生を頑張ってきたし、自分が大好きです。
    佐々木さん、人間大好きとみました。
    これからも楽しく笑えるエッセイを書いてください。

    • sasakikatsura.com より:

      僕も上京は十文字から夜行列車でしたね。当時は東京に行くのも、秋田に戻るのも遠い道のりでした。
      それを寂しいと思わず、わくわくできたのは、若さもあったのかもしれませんが、
      失敗成功問わず、何をやっても楽しいと思える日々でしたね。
      まあ、今もそれほど変わってないかもしれませんが(^_^;

  2. 小松 より:

    鯉のぼりのエッセイも楽しく拝読しました。お父さん、すてき。

    • sasakikatsura.com より:

      ありがとうございます。
      鯉のぼりは憧れでしたが、親父に見事にだまされました。

  3. 小松 より:

    承認まちが長過ぎます

    • sasakikatsura.com より:

      すみません。
      今日、サーバーの担当者から連絡があり、サーバーの方に溜まったままこちらに届いてなかったとのことです。
      大変失礼致しました。
      他のコメントも見させて頂きます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

日詩 12月21日〜31日(2018)

日詩のまとめです。 日詩(ツイッター詩) 12月21日〜31日 こんな詩も… 海 …

日々の徒然
親父の言葉 1

「人生あまりに短い 怒ってたって馬鹿馬鹿しい 自分の時間を損するだけ 怒るぐらい …

三が日は箱根駅伝

うちの親父は、高校の頃長距離選手だったらしく、その思い出もあってか、正月はずっと …

手帳一筋73年、ダイゴーの手帳

嫁に良く言われる。 「あなたって、必要以上にちっちゃい手帳と、必要以上におっきい …

幕張のお仕事体験アミューズメント『kandu(カンドゥー)』に

 娘の誕生日ということでどこかへ出掛けようと画策。毎年ディズニーだったのだが、今 …

根津神社の千本鳥居

成人式で晴れ着がいたるところで花咲く都内の9日。こんな日に神社にいったら混むだけ …

念願の“石けん箱

 念願の“石けん箱”が届いた。  リッチェル石けん箱 角「ハユール」。  なんで …

『日詩』8月11日〜20日のおまとめ

実家の秋田ではお盆も終わり、そろそろ秋が見えてきそうな気配でしょうか? 東京はま …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録5

8月12日  気持ちよく目覚め、まずは空港に帰りのチケットを買いに行く。22日の …

『傷だらけの天使』が哀しい

傷だらけの天使第6話は まさに貧乏人の哀しさ ラストシーンは 蟹工船の読後の気分