桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

新聞スクラップシリーズ“自転車の三角乗り”

      2018/02/14

これも去年の新聞。
おそらく今の若い人は知らないだろうなぁ。
自転車の三角乗り。
この新聞の写真にも出ているが、
サドルの前下方部分、前輪と後輪の間といった方が分かりやすいか、
フレームが、逆三角形になっている部分がある。

昔の子供は、サドルに座るとペダルに足が届かなかったものだから、
この三角部分の空間から足を入れて、ペダルに足を到達させ、立ちこぎで乗ったのである。
自転車に乗るときは、自転車の左側に立って、右足を上げてサドルをまたぐのが普通だろう。
しかし、子供は大人の自転車では、これができない。
女子用のフレームが三角ではなく、斜めになっているものなら、そのフレームをサドル代わりにしたり、そのフレームの上から右足を入れて右のペダルに足を乗せられるが、三角のフレームだとそれができない。
なので、左側に立ったら、右足をこの三角のフレームの空間から差し入れて、右のペダルを踏むのである。
そして動き出したらそのまま立ちこぎである。
と説明しても文章ではなかなか通じないだろうが…。
でも、想像して頂きたい。
これだと体の大部分が自転車の左側に残ることになる。つまり重心は思いっきり左にあるため、
ハンドルをかなり右に倒す(正確には自転車本体をかなり右に倒すためにハンドル操作をする)ようにして、バランスを取らないと倒れてしまう。かなり高度なワザなのである。
僕は幸い、子供用自転車があったので、それで自転車を乗れるようになってから、この“三角乗り”に挑戦したのでなんとか乗れたが、そもそも自転車に乗れるようになるための練習を、こんな方法でやっていた子たちは、どんな運動神経をしていたのだろうと、今さらながら感心してしまう。

ちなみに、僕も小学生の頃、新聞配達、牛乳配達、ヤクルト配達を、自転車でやっていたので、このストーリーに出て来る少年の気持ちが痛いほどわかったのである。

 - 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

映画『母 小林多喜二の母の物語』に思う

 映画『母 小林多喜二の母の物語』の有料試写会が、明日横浜で開催されるという。上 …

たらふく牡蠣を食べました

 娘の誕生日の晩餐。なぜか牡蠣。いろいろリクエストは聞いたのだ。最初は子供らしく …

『日詩』8月11日〜20日のおまとめ

実家の秋田ではお盆も終わり、そろそろ秋が見えてきそうな気配でしょうか? 東京はま …

道元の『正法眼蔵』がムズおもしろい

曹洞宗の開祖・道元の著した『正法眼蔵』が難しいけど面白い。 僕の情報不足なのか、 …

日々の徒然
ラベンダーの日本酒が美味!!

タイトル見ただけで、ちょっと引きますよね。ラベンダーの日本酒???って。僕もそう …

日々の徒然
あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願い致します。 昨年作った新しいブログ『詩郷(うたざと)』htt …

『日詩』9月1日〜10日おまとめ

夏が終わったような終わらないような 秋が始まったような始まらないような そんな9 …

日々の徒然
3月4日さきがけ新聞寄稿で書けなかった「僕の緊張」について

秋田の「さきがけ新聞」から、秋田県の公立高校を受験する中学生にエールを送る原稿を …

日々の徒然
初めて秋田魁新報に書いたのがもう14年前

今もまだ秋田魁新報の『遠い風近い風』でエッセイを連載させてもらっている。初めて連 …

日々の徒然
聖バレンタイン

 この歳になると、バレンタインデーとかいわれても「んで?」って感じなのだが、娘か …