桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

東成瀬村の“くん炭”

      2017/02/05

昨日届いた『広報ひがしなるせ』に“くん炭”という文字を見た。くん炭?何だろう?と、勉強不足な僕は、初めてくん炭と聞いて、その物体をイメージできなかった。炭なんだろうなとは思ったが、何物なんだろう?と。
『広報ひがしなるせ』の説明では、もみ殻を炭化加工し炭上にしたものが“くん炭”とのこと。なるほど、それならもみ殻の再利用化につながるので悪くない。物体はこんな感じ。
徒然成瀬のくん炭

ところで、くん炭はどんな役目を果たすのか?
『広報ひがしなるせ』には、こうある。
「…田んぼに混ぜることで良質の土を作り、食味の高い米作りにも活かされます」
「…土壌微生物の活性化を図り、保水性、通気性を良くします。また、くん炭には消臭効果もあるので、腐葉土や堆肥と一緒にすると、嫌な臭いを抑制する効果があると言われています」

なかなかスゴイやつらしい。おもしろかったので少し調べてみると、
「日本は、酸性雨が降ることから、多くの植物が苦手とする酸性に土質が傾いていることで知られます。そんなとき、土壌改良材として活躍してくれるのが籾殻くん炭です」
https://horti.jp/14554
なんていう記述もあった。

そんな自然に優しい“くん炭”作りのために、東成瀬村では、そんな“くん炭”を作る『東成瀬村循環拠点施設』を完成させたとのこと。これだと20分〜25分で“くん炭”ができるという。
徒然成瀬のくん炭2

『広報ひがしなるせ』には、「もみ殻をくん炭にすることで、環境に優しい農業を推進し、村産米のブランド化の強化を図ります」
とある。

今後が期待される活動の一つとなりそうだ。

 - 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

首都圏なるせ会に行って来ました

今年で第29回を迎える『首都圏なるせ会』がまた元気に開催された。会員が年々減って …

年取ったら部屋を貸してくれないんだと

朝日新聞に、こんな記事があった。 年寄りには部屋を貸さない大家が多いんだとか。 …

ビール1本だけ!?

男「1本だけビール買っていい?」 女「うふ、いいよ。そういうと思った」 ビール1 …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録10

8月14日  この日、旅の2日目にピンチを迎えるとは、朝、目が覚めるまでわからな …

工作に使う“糊”に似てるから『のり餅』なのか?

米粉で作ったもちを、父の実家の地域(秋田県東成瀬村菅の台)では、『のり餅』と言っ …

医者のスネに味噌をつける

我が故郷、秋田県東成瀬村には、『豆腐あぶり』という冬の風習がある。基本的には各家 …

樫田正剛の舞台『伊賀の花嫁』

30年来の友人。樫田正剛氏が脚本・演出を手がける舞台を久しぶりに観に行った。その …

『日詩』のまとめ4月21日〜30日分アップしました

日誌ならぬ『日詩』続けております。 よろしければ 『詩郷 うたざと』にて htt …

七草がゆと納豆汁

秋田魁新報のリレー連載が、昨日発売だった。7日発売なので、七草がゆの話を書こうと …

宇崎竜童 70thバースデーライブ アンソロジー2016取材雑記

 宇崎さんの70歳の誕生日ライブ。行って来ました。もう一ヶ月近く前なのですが、そ …