桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

東成瀬村の“くん炭”

      2017/02/05

昨日届いた『広報ひがしなるせ』に“くん炭”という文字を見た。くん炭?何だろう?と、勉強不足な僕は、初めてくん炭と聞いて、その物体をイメージできなかった。炭なんだろうなとは思ったが、何物なんだろう?と。
『広報ひがしなるせ』の説明では、もみ殻を炭化加工し炭上にしたものが“くん炭”とのこと。なるほど、それならもみ殻の再利用化につながるので悪くない。物体はこんな感じ。
徒然成瀬のくん炭

ところで、くん炭はどんな役目を果たすのか?
『広報ひがしなるせ』には、こうある。
「…田んぼに混ぜることで良質の土を作り、食味の高い米作りにも活かされます」
「…土壌微生物の活性化を図り、保水性、通気性を良くします。また、くん炭には消臭効果もあるので、腐葉土や堆肥と一緒にすると、嫌な臭いを抑制する効果があると言われています」

なかなかスゴイやつらしい。おもしろかったので少し調べてみると、
「日本は、酸性雨が降ることから、多くの植物が苦手とする酸性に土質が傾いていることで知られます。そんなとき、土壌改良材として活躍してくれるのが籾殻くん炭です」
https://horti.jp/14554
なんていう記述もあった。

そんな自然に優しい“くん炭”作りのために、東成瀬村では、そんな“くん炭”を作る『東成瀬村循環拠点施設』を完成させたとのこと。これだと20分〜25分で“くん炭”ができるという。
徒然成瀬のくん炭2

『広報ひがしなるせ』には、「もみ殻をくん炭にすることで、環境に優しい農業を推進し、村産米のブランド化の強化を図ります」
とある。

今後が期待される活動の一つとなりそうだ。

 - 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
ライスカレーの哀しい想い出

子供の頃 、なんであんなんにライスカレーが楽しみだったのだろう。うちの場合、大概 …

東成瀬豆腐あぶり トリミング のコピー
医者のスネに味噌をつける

我が故郷、秋田県東成瀬村には、『豆腐あぶり』という冬の風習がある。基本的には各家 …

image-e1437194193665_01
宇崎竜童さんに取材

久しぶりに宇崎竜童さんに取材しました。週刊朝日です。 取材やバイクを通じて、もう …

%e6%97%a5%e8%a9%a9%e6%89%8b
『日詩』のまとめ。11月1日〜10日分です。

この間まで秋だと思っていたら、 もう冬が近づいてきました。 そんな11月最初の日 …

img_3200
道元の『正法眼蔵』がムズおもしろい

曹洞宗の開祖・道元の著した『正法眼蔵』が難しいけど面白い。 僕の情報不足なのか、 …

日々の徒然
連載もろもろ

今発売中の週刊朝日は、連載「美し国旨し米」の2回目です。見かけたら読んでやって下 …

日詩パソコン編集
『日詩』のまとめ5月1日〜10日分アップしました

日誌ならぬ『日詩』 早いもので5月まで続いてしまいました。 ブログ『詩郷うたざと …

徒然総持寺大祖堂
曹洞宗の二大総本山・総持寺

神様にお参りしたかと思ったら、次の日は仏様。この節操のなさが日本人の良いところ。 …

紅梅
梅見しました

まだまだ寒さが身にこたえる季節ですが、 そんな中、頑張って咲いてる梅を見に行って …

日詩万年筆
『日詩』3月11日〜20日アップ

まだ続いております。日誌ならぬ『日詩』。 毎日ツイッターでせ発信してますが、これ …