桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

30年前のアメリカ紀行備忘録8

      2017/05/31

 8月13日

 朝からグランドキャニオンへ向かう。どこまで行っても果てしない大地。Sさんとは北海道へもバイク旅をしたことがあるが、その比ではない果てしなさ。時速何キロ(正確には何マイル)だしているのかもわからなくなるほど、どんなにアクセルを踏んでも景色は変わらない。ラジオが流れてなければ時間さえ感じなくなってしまいそうだ。
 やっと山が見えてきた。グランドキャニオンに近づいたのだ。それでもどんどん山へ入っていくが目的地にはなかなか到着しない。やっと国立森林公園に入ったので、もう着くのかと思ったが、これがまたかなり広く、しかも、途中にガソリンスタンドがまったくない。ガスが切れそうで焦るったがなんとか到着。グランドキャニオンへと通じる道路は一部有料だった。高速道路だって無料のアメリカでも、さすがに世界の名所たるグランドキャニオンではお金を取るんだな。
 グランドキャニオンを作務衣と下駄で歩く。観光客が珍しそうに見ていく。What’s this?とおじいさんが下駄を指す。僕の答えは、Japanese Sandal…情けない。もっといい表現があるんだろうが、僕の英語力では難しい。でも、そのおじいさん、気に入ってくれたらしく、一緒に写真を撮ってくれという。嬉しかった。
 さすがグランドキャニオン、ちらほら日本人もいる。新婚の奥さんが、ハワイによくあるお土産品のストローハットをかぶっていて笑えた。
 グランドキャニオンをあとに、また車を走らせる。どこまで行っても赤土の大地。途中何回か写真撮影の為停車するも、景色はほとんどいっしょ。大地の中を走るのもそろそろ飽きてきた。ホントーは、今日一日でアルバカーキーまで行く予定だったが、挫折してギャロップへ宿泊。

 - 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
ライスカレーの哀しい想い出

子供の頃 、なんであんなんにライスカレーが楽しみだったのだろう。うちの場合、大概 …

日々の徒然
昔の納豆の作り方…だそうです

最近、納豆を手作りする人が増えている。基本的には、大豆を煮て、それに市販の納豆を …

過去のフロム・エーを見てきた

先月亡くなった友・大野木俊秋くんのお別れ会(3月5日土曜16時〜19時、リクルー …

米農家を変える若者たち

週刊朝日の連載「美し国旨し米」、早いもので13回目を迎えてしまいました。今回から …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録24(最終回)

 2017年1月26日から、不定期で載せてきた『30年前のアメリカ紀行備忘録』も …

世界一の花時計だとか

少し前に、伊豆の土肥温泉に行って来ました。もともと西伊豆は好きな場所の一つですが …

初めての南松本

 旅行ライターだった時期があるので、松本は何度も行ったことがある。しかし、この南 …

『日詩』4月1日〜10日アップ

早いものでもう4月。 4月の初めは、新しい出会いの季節。 素敵な仲間と出会うこと …

日詩 6月11日〜20日(2018)

日詩のまとめです。 日詩(ツイッター詩まとめ) 6月11日〜20日 例えばこんな …

『日詩』7月11日〜21日のおまとめ

7月に、早い夏休みをとって実家でのんびりしすぎて、まとめるのが遅くなってしまいま …