桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

百人一首

      2020/01/15

 飲んでばかりで正月らしい遊びをしていないと、家族からのクレームが入ったので、しぶしぶ取り出したのがコレ。『小倉百人一首』である。百人一首というのは、和歌を詠んでるカルタだよなってのは、だいたい知ってはいたのだが、しっかりこいつに向き合ったのは、実は最近のこと。映画『ちはやふる』をテレビで観てからだ。夢中になったのは僕よりも家族だったが、僕も詩人のはしくれとして、和歌に関しては一言いわずにはいられない。そこで付け焼き刃のウンチクを傾けていたところ、口先のウンチクよりも実際にやってみようと言われ手に入れてみた。
 これが何とも難しい。歌を覚えていないため、最初の頃は、下の句の最初のひらがなをただ追うだけ。つまり“ちはやぶる神代(かみよ)も聞かず竜田川(たつたがは)韓紅(からくれなゐ)に水くくるとは”であれば、ひらがなだけで書かれた下の句“からくれなゐにみずくくるとは”を探すために、「か、か、か、か」と言いながら目で追うのである。
 すべてがひらがなというのが、またしんどい。いろはがるたのように、絵でも付いていてくれれば、探すのも早いのだが。
 しかし、難しいモノほど奥が深くて面白い。和歌に興味が出て来てしまい、百人一首の入門書まで買ってしまった。さらには、百人一首のすべての歌をモチーフに描かれた漫画集も。これらもまた面白い。そして歌を覚え始めると、当の百人一首もさらにまた面白くなる。正月は、幼い娘をせっついて、対戦していたが、最近では何度やっても勝てない。何度かやっているうちに、向こうさんは歌を覚え始めてしまったのだ。僕は本を読みながらやっと少しずつ覚えているというのに。向こうは、やるたんびに覚えていく。脳の老化を自覚せざるを得ないが、それでも和歌を覚えていくのは楽しい。はてさて、今年1年で百首覚えられるモノかどうか。とりあえず頑張ってみよう。

 - 2020年, 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

米農家を変える若者たち

週刊朝日の連載「美し国旨し米」、早いもので13回目を迎えてしまいました。今回から …

梅見しました

まだまだ寒さが身にこたえる季節ですが、 そんな中、頑張って咲いてる梅を見に行って …

新年のお守り

初詣に行って来た。 去年訪ねた時に、ここのお守りが気に入って、今年も頂いてきた。 …

帰郷最終日。東成瀬村にて

いよいよ故郷でのお休みも今日が最後。 雪は降ってますが、吹雪ではないので、 我が …

日々の徒然
聖バレンタイン

 この歳になると、バレンタインデーとかいわれても「んで?」って感じなのだが、娘か …

30年前の東成瀬村取材

 僕が4年3ヶ月勤めたフロム・エー編集部。テレビのADをやっていたのはまだ学生の …

下駄が好きだ

 これも新聞記事で申し訳ないが、こんな記事広告が載っていた。本人たちの企業広告で …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録2 『小説アメリカンロード』

 備忘録1では、アメリカを車で旅した話の前振りをして、今後折に触れて書いていくと …

日々の徒然
親父の言葉 1

「人生あまりに短い 怒ってたって馬鹿馬鹿しい 自分の時間を損するだけ 怒るぐらい …

『日詩』7月11日〜21日のおまとめ

7月に、早い夏休みをとって実家でのんびりしすぎて、まとめるのが遅くなってしまいま …