桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

30年前のアメリカ紀行備忘録16

      2019/01/14

8月17日

 コーパスは曇り・雨
 対岸に渡って一周し、ダウンタウンへ行く予定をたてる。一ヶ所、桟橋からフェリーのようなものが出ている所があって、3〜5分ほどのフェリーで対岸に渡ることが出来る。これが結構感激。フェリーの中でいろいろ写真を撮った。女の子もみんなかわいかった。コーパスはほとんど雨で、浜辺に出て焼くこともできず残念。その代わり少し洒落たレストランで食事。海に浮かぶ船のレストラン。近くに古びた素敵な教会があった。
 コーパスからサンアントニオへ。
 サンアントニオ近くのガススタンドの公衆電話でナント秋田へ電話。親父やおふくろと話していると何となく不思議。アメリカの見知らぬ町・サンアントニオから遙か遠い日本の、さらに遠い秋田の見知らぬ村・東成瀬ですよ。親父はサンアントニオをサンフランシスコと最後まで間違えていた。

 - 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

親父の万年筆

僕から何かの記念にもらったのだと、親父はそう言うんですが、思い出せない万年筆。 …

日々の徒然
どじょっこふなっこ

今の若い人はあまり知らないかもしれないが、 「どじょっこふなっこ」という童謡があ …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録20

 去年(2019年)の1月から、またまたご無沙汰だった「30年前のアメリカ紀行」 …

老眼コンタクト(遠近両用コンタクト)

 3〜4年前から、老眼コンタクトを使い始めた、僕はそう呼んでるが、正確には『遠近 …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録21

 僕はすぐにBAR&DISCOへ。Sさんはシャワー。  地元の人中心の店で、みん …

no image
駅伝、せっかくの感動に水指す“批評家気取り”(1月3日)

1月3日 駅伝の往路。予想外の創価大。おめでとうだったよね。注目されてた青学は残 …

護美箱(ごみばこ)と書きたい

秋田の新聞『秋田魁新報』に連載中の『遠い風近い風』というエッセイに、昔、こんなも …

あちらの娘はがっつりし過ぎ ?

貧しく不幸な娘がいました しかし今の生活に不満も言わず 健気に暮らしていました …

『日詩』4月1日〜10日アップ

早いものでもう4月。 4月の初めは、新しい出会いの季節。 素敵な仲間と出会うこと …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録22

 気を取り直して喋っていると、友だちがやってきた。男一人(TONY)と女一人(ち …