桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

タクシー内で訛りが聞かれないような空間を(笑)

      2017/04/26

 タクシーがチョイ乗りを始めたらしい。なんと東京都心は初乗り410円だとか。2キロ730円から1キロ410円への値下げだが、短距離の利用には朗報だ。オリンピックを見据えてのことらしい。他にもタクシー業界は、いろんなサービスを考えているようだ。そんなタクシーの記事を見て、両親と乗った昔のタクシーでの出来事を思い出した。
徒然タクシー訛り

 僕の秋田の両親は、意外に人目を気にする。人目というか人耳だろうか。今はさほどでもないが、何十年か前、僕がまだ20代後半、両親が50代の頃は、タクシーに乗ったとたんピタリと会話が止まったものだ。つまり、秋田の方言、訛りを聞かれるのがイヤだったのだ。かといって、標準語で喋るのも自分じゃないようで好きじゃなかった年頃(?)だったのだろう。
 タクシー以外にも、ちょっと高級なしゃぶしゃぷ屋さんなんかに連れて行って、店員の女性がずっと側で作ってくれるというシチューエーションもダメ、寿司屋のカウンターすらダメだった。
 最近でこそやっと少しはタクシーで喋れるようになったが、それはおそらく歳をとってどうでもよくなったのかもしれない。
 で、タクシーのハードの話である。ドライバーが客に暴行を受けないよう、透明のアクリル板で前と後部座席を仕切っているタクシーが当たり前になったが、これってもっとしっかりしたもので仕切れないものだろうか。例えば、リムジンなんかだと、運転手に聞かせたくない話があると、後部座席の前に仕切りのシャッターが出てくる車もあるというが、そこまでいかなくても、お客がプライベート空間を保てる作りはできないものだろうか。防音ガラスらインターフォンとか。
 タクシードライバーも暴行を受けずに済むし。
完全に見えなくするのは犯罪の温床となる可能性もあるかもしれないがガラスならいいだろう。
 そんで、観光タクシーだけとかね。
まあ、タクシーの話を聞いて、昔の両親の無口話を思い出した次第である。

 - 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

『日詩』のまとめ。10月21日〜31日分です。

『日詩』ツイッター詩まとめ(10月21日〜31日)

七草代わりに納豆汁

七草の日になるとどうも納豆汁を思い出す。 秋田をはじめとした東北では、納豆汁は冬 …

あちらの娘はがっつりし過ぎ ?

貧しく不幸な娘がいました しかし今の生活に不満も言わず 健気に暮らしていました …

日々の徒然
奇妙な夢を見た

奇妙な夢を見た。 誰かは思い出せないのだが 相当親しい人が死んだようだ。 葬式の …

日々の徒然
3月4日さきがけ新聞寄稿で書けなかった「僕の緊張」について

秋田の「さきがけ新聞」から、秋田県の公立高校を受験する中学生にエールを送る原稿を …

親父に教えられた「つむり」

この正月は、秋田の実家から両親が訪れており、81歳の親父とも、よく酒を酌み交わし …

たらふく牡蠣を食べました

 娘の誕生日の晩餐。なぜか牡蠣。いろいろリクエストは聞いたのだ。最初は子供らしく …

護美箱(ごみばこ)と書きたい

秋田の新聞『秋田魁新報』に連載中の『遠い風近い風』というエッセイに、昔、こんなも …

日々の徒然
聖バレンタイン

 この歳になると、バレンタインデーとかいわれても「んで?」って感じなのだが、娘か …

『日詩』のまとめ 1月1日〜10日

今年もしぶとく書いてます。 ツイッター詩『日詩』。まずは10日まで。 日詩(ツイ …