桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

タクシー内で訛りが聞かれないような空間を(笑)

      2017/04/26

 タクシーがチョイ乗りを始めたらしい。なんと東京都心は初乗り410円だとか。2キロ730円から1キロ410円への値下げだが、短距離の利用には朗報だ。オリンピックを見据えてのことらしい。他にもタクシー業界は、いろんなサービスを考えているようだ。そんなタクシーの記事を見て、両親と乗った昔のタクシーでの出来事を思い出した。
徒然タクシー訛り

 僕の秋田の両親は、意外に人目を気にする。人目というか人耳だろうか。今はさほどでもないが、何十年か前、僕がまだ20代後半、両親が50代の頃は、タクシーに乗ったとたんピタリと会話が止まったものだ。つまり、秋田の方言、訛りを聞かれるのがイヤだったのだ。かといって、標準語で喋るのも自分じゃないようで好きじゃなかった年頃(?)だったのだろう。
 タクシー以外にも、ちょっと高級なしゃぶしゃぷ屋さんなんかに連れて行って、店員の女性がずっと側で作ってくれるというシチューエーションもダメ、寿司屋のカウンターすらダメだった。
 最近でこそやっと少しはタクシーで喋れるようになったが、それはおそらく歳をとってどうでもよくなったのかもしれない。
 で、タクシーのハードの話である。ドライバーが客に暴行を受けないよう、透明のアクリル板で前と後部座席を仕切っているタクシーが当たり前になったが、これってもっとしっかりしたもので仕切れないものだろうか。例えば、リムジンなんかだと、運転手に聞かせたくない話があると、後部座席の前に仕切りのシャッターが出てくる車もあるというが、そこまでいかなくても、お客がプライベート空間を保てる作りはできないものだろうか。防音ガラスらインターフォンとか。
 タクシードライバーも暴行を受けずに済むし。
完全に見えなくするのは犯罪の温床となる可能性もあるかもしれないがガラスならいいだろう。
 そんで、観光タクシーだけとかね。
まあ、タクシーの話を聞いて、昔の両親の無口話を思い出した次第である。

 - 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

宇崎竜童さんに取材

久しぶりに宇崎竜童さんに取材しました。週刊朝日です。 取材やバイクを通じて、もう …

日々の徒然
親父の言葉 1

「人生あまりに短い 怒ってたって馬鹿馬鹿しい 自分の時間を損するだけ 怒るぐらい …

電車の上り下りは…

両親が遊びに来ていて、毎晩宴会となっているのだが、なかなか面白いテーマが持ち上が …

『日詩』のまとめ。10月11日〜20日分です。

『日詩』ツイッター詩まとめ(10月11日〜20日)

宇崎竜童 70thバースデーライブ アンソロジー2016取材雑記

 宇崎さんの70歳の誕生日ライブ。行って来ました。もう一ヶ月近く前なのですが、そ …

日々の徒然
親父の言葉2

「節分の、豆まきはおまえらが出てってからやってない。 鬼は外〜で、万が一おまえら …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録12

 とにかく今日は“走り日”だ。ひたすら車を走らせる。ギャロップからアルバカーキー …

新聞スクラップシリーズ“自転車の三角乗り”

これも去年の新聞。 おそらく今の若い人は知らないだろうなぁ。 自転車の三角乗り。 …

『日詩』6月21日〜30日のおまとめ

なんとか半年続きました。次の目標はとりあえず1年ということで… では 日詩 6月 …

『日詩』のまとめ5月21日〜31日分アップしました

日誌ならぬ『日詩』 ついに5ヶ月間が終わりました。 ブログ『詩郷うたざと』にアッ …