桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

タクシー内で訛りが聞かれないような空間を(笑)

      2017/04/26

 タクシーがチョイ乗りを始めたらしい。なんと東京都心は初乗り410円だとか。2キロ730円から1キロ410円への値下げだが、短距離の利用には朗報だ。オリンピックを見据えてのことらしい。他にもタクシー業界は、いろんなサービスを考えているようだ。そんなタクシーの記事を見て、両親と乗った昔のタクシーでの出来事を思い出した。
徒然タクシー訛り

 僕の秋田の両親は、意外に人目を気にする。人目というか人耳だろうか。今はさほどでもないが、何十年か前、僕がまだ20代後半、両親が50代の頃は、タクシーに乗ったとたんピタリと会話が止まったものだ。つまり、秋田の方言、訛りを聞かれるのがイヤだったのだ。かといって、標準語で喋るのも自分じゃないようで好きじゃなかった年頃(?)だったのだろう。
 タクシー以外にも、ちょっと高級なしゃぶしゃぷ屋さんなんかに連れて行って、店員の女性がずっと側で作ってくれるというシチューエーションもダメ、寿司屋のカウンターすらダメだった。
 最近でこそやっと少しはタクシーで喋れるようになったが、それはおそらく歳をとってどうでもよくなったのかもしれない。
 で、タクシーのハードの話である。ドライバーが客に暴行を受けないよう、透明のアクリル板で前と後部座席を仕切っているタクシーが当たり前になったが、これってもっとしっかりしたもので仕切れないものだろうか。例えば、リムジンなんかだと、運転手に聞かせたくない話があると、後部座席の前に仕切りのシャッターが出てくる車もあるというが、そこまでいかなくても、お客がプライベート空間を保てる作りはできないものだろうか。防音ガラスらインターフォンとか。
 タクシードライバーも暴行を受けずに済むし。
完全に見えなくするのは犯罪の温床となる可能性もあるかもしれないがガラスならいいだろう。
 そんで、観光タクシーだけとかね。
まあ、タクシーの話を聞いて、昔の両親の無口話を思い出した次第である。

 - 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

『傷だらけの天使』が哀しい

傷だらけの天使第6話は まさに貧乏人の哀しさ ラストシーンは 蟹工船の読後の気分

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録11

 幸い来てくれたポリスは、割と親切なメキシコ系アメリカ人。移動の件もスルーのまま …

日々の徒然
フリーライターの価格破壊なんだとか

クローズアップ現代で取り上げていた話題。 昨今、取りざたされる在宅ワーク。つまり …

日々の徒然
奈良の住宅地に牧場!明治創業の宮内庁御用達の牛乳

 植村牧場というのを取材しまして、ちょっと感動したのでご紹介。  明治17年創業 …

『日詩』8月11日〜20日のおまとめ

実家の秋田ではお盆も終わり、そろそろ秋が見えてきそうな気配でしょうか? 東京はま …

『日詩』のまとめ。10月1日〜10日分です。

もう秋ですねぇ。 やっぱり少し寂しくなる季節かなぁ。 暑さと湿気で汗だくの夏が、 …

工作に使う“糊”に似てるから『のり餅』なのか?

米粉で作ったもちを、父の実家の地域(秋田県東成瀬村菅の台)では、『のり餅』と言っ …

米農家を変える若者たち

週刊朝日の連載「美し国旨し米」、早いもので13回目を迎えてしまいました。今回から …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録2 『小説アメリカンロード』

 備忘録1では、アメリカを車で旅した話の前振りをして、今後折に触れて書いていくと …

『日詩』のまとめ。11月21日〜30日分です。

『日詩』もあとひと月で1年になります。 11月最後の詩をどうぞ。 『日詩』ツイッ …