桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

根津甚八さんとの想い出

      2017/02/07

俳優の松方弘樹さんが1月21日に74歳で亡くなったというニュースが飛び交った。松方弘樹さんといえば晩年もバラエティに出演したり、カジキマグロの釣り人としても有名だったので、平成生まれの今の若い子も知っていたようだが、そんなニュースを眺めつつ、昨年末に亡くなった根津甚八さんのことを思い出した。
徒然根津甚八

松方さんの死ほど話題にはならなかった。新聞の片隅でニュースとして扱われてはいたが、それほど大きくはなかった。
IMG_0675

テレビや映画に登場しなくなって大分経っていたこと、2010年にはついに俳優を引退してしまったこともあって、根津さんのことを知る若い世代がいなかったということもあるだろう。
興味を持つ聴衆が少なければ、メディアもあまり取り上げない。需要と供給の当然のバランスと言える。
でも、僕にとっては大きなショックだった、また一つ、生きてきた時代が終わったという感が強かった。根津甚八のファンだったわけではない。ただ人間根津甚八はお茶目で魅力的な人だった。
一時期、アウトドアやオフロードバイクに夢中だった僕は、いろいろな取材をする中で、オフロードバイクの世界的有名人である風間深志氏と出会う。その風間さんの友達だったのが根津さんだった。
最初の出会いは、当時の付き人と知り合いだったこともあって、そのツテで取材をした単なる有名人だった。当時の根津甚八は、超有名俳優の一人だったので、インタビューのアポが取れるだけで、ライターとしてはいい商売になったのだ(笑)。
ただの有名人としてインタビューしているうちに、オフロード好き、アウトドア好きということがわかり、僕も好きだということで、取材テーマとは関係なく盛り上がった。その流れで、風間深志さんの話をしたら、大親友だという。しかも、これまた取材を通じて顔見知りになってもらっていた宇崎竜童さんとも、風間さんを通じてよく遊ぶ仲だと。

当時の超有名人だった人たちと遊べるということで、ミーハーだった僕は、機会を見つけては御三方の遊びに同行させてもらった。もちろん、大先輩たちなので、プライベートでばかりくっついているわけにも行かなかったので、礼儀として、出版社に雑誌の企画を通し、みなさんの活動を紹介するという形を取った。三人の連載対談も行なったりした。

風間さんが主催する『地球元気村』というアウトドアイベントにも、根津さん、宇崎さんはよく参加していて、その取材もさせてもらった。
根津さんは当時ハマっていたフライフィッシングに夢中で、それも記事にしようと、イベントの翌朝、僕の車に乗ってもらって山奥の川を目指した。実は車の中には、昨夜テントの中でカメラマンと飲んだ一升瓶が転がっていた。それを見た根津さん、
「おお、いいねぇ。俺も呼んでくれれば良かったのに(笑)」
もちろん、リップサービスではあったろうが、お酒が好きだったことも確かで、風間さんも宇崎さんも酒は飲めなかったので、酒飲みに親近感を感じてくれたのかもしれない。

お酒の場といえば、こんなこともあった。

何かの舞台の打ち上げだったと思う。関係者たちに混じってお邪魔していたのだが、その何次会かでマイクとステージのあるお店に入った。根津さんもほどよく酔いが回っていたのだろう。マイク片手に歌い始めた。踊り付きで。歌はなんと植木等の『スーダラ節』。宴席は大爆笑である。
当時、渋めで強面の二枚目役が多かった根津さんだが、普段はそんなオチャメな人だったのである。

根津さん、ゆっくりお休み下さい。

根津甚八公式ブログ『根津甚八ダイアリー』はこちらです。
http://jinpachi.blog.tennis365.net

 - 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録5

8月12日  気持ちよく目覚め、まずは空港に帰りのチケットを買いに行く。22日の …

日々の徒然
聖バレンタイン

 この歳になると、バレンタインデーとかいわれても「んで?」って感じなのだが、娘か …

『日詩』のまとめ5月21日〜31日分アップしました

日誌ならぬ『日詩』 ついに5ヶ月間が終わりました。 ブログ『詩郷うたざと』にアッ …

『日詩』4月11日〜20日アップしました

日々、いろいろありますが、 日誌ならぬ『日詩』続けております。 よろしければ 『 …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録3

 1988年の夏、僕は、バイク仲間でありライターの先輩でもあった友人のSさんとア …

年取ったら部屋を貸してくれないんだと

朝日新聞に、こんな記事があった。 年寄りには部屋を貸さない大家が多いんだとか。 …

no image
林家たい平師匠

林家たい平さんを取材して来ました。笑点などのテレビで見る印象とはちょっと違って、 …

『日詩』4月1日〜10日アップ

早いものでもう4月。 4月の初めは、新しい出会いの季節。 素敵な仲間と出会うこと …

日々の徒然
長靴を履こう!

たまたま雪が降った日にふと思った。 長靴はいつからカッコ悪いものになったのか。ブ …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録6

 Sさんが好きだというアンティック屋さんがたんさんあるプレスコットという町を経て …