桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

フリーライターの価格破壊なんだとか

      2017/04/27

クローズアップ現代で取り上げていた話題。
昨今、取りざたされる在宅ワーク。つまり、会社に通勤しなくても働けるという仕組み。これは通勤のストレスも解消されるし、育児中のママ、パパにとっても朗報のシステムだ。しかし、それもこれも、会社員ならではのこと。企業のサラリーマンとして所属していて、その会社が幸運にもそういう仕組みを取り入れようと頑張っているなら、その在宅ワーカーは、かなりラッキーであろう。でも、これがフリーの立場だとまた意味合いが違ってくる。この番組では、フリーのIT技術者やフリーのライターを取り上げていたが、どちらもとんでもない価格で働かされているとのこと。ITの方は専門外なのであまり頭に入ってこなかったが、ライターの値段に驚いた。
何と1本300円だとか。うーん、キャプション程度に200〜300文字ぐらいを書くんだろうか?それでも100本ほど書かないと…と思っていたら、なんと千文字とか2千文字とか書くのを1本として300円だとか。これは価格破壊もはなはだしくはないか。
育児中のママがパートなみのお金を稼ぐためには、一日中書いていなくてはならない計算なので、これではオムツを取り替える時間もままならないのでは?そんな疑問が湧いたが、そんなライターをやっているママさんのインタビューを聞くと、やはりその通りだった。
物書きを生業として30数年。「日本語が出来れば誰でもライターなんてできる」と言い続けてきたが、そんな思いの人を食い物にする時代が来たということだろうか。確かにSNSやブログなどで、誰でも文章を書ける時代にはなってきた。ライターになろうという人も、ライターに仕事を頼む人も、昔よりライターという仕事が身近に、かつ簡単な仕事のように感じるのも事実だろう。しかし、この値段では食っていくことはできない。今後は、お小遣いライター、片手間ライターがどんどん増えていくことになるんだろうか?

 - 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

日々の徒然
初めて秋田魁新報に書いたのがもう14年前

今もまだ秋田魁新報の『遠い風近い風』でエッセイを連載させてもらっている。初めて連 …

『日詩』4月11日〜20日アップしました

日々、いろいろありますが、 日誌ならぬ『日詩』続けております。 よろしければ 『 …

日々の徒然
『地頭』?

こんな記事がありました。 http://zasshi.news.yahoo.co …

宇崎竜童さんに取材

久しぶりに宇崎竜童さんに取材しました。週刊朝日です。 取材やバイクを通じて、もう …

映画『母 小林多喜二の母の物語』に思う

 映画『母 小林多喜二の母の物語』の有料試写会が、明日横浜で開催されるという。上 …

シルヴァスタインの絵本

友だちが持っていた絵本。勧められて読んだら深くてハマった。有名らしいが恥ずかしな …

電車の上り下りは…

両親が遊びに来ていて、毎晩宴会となっているのだが、なかなか面白いテーマが持ち上が …

年取ったら部屋を貸してくれないんだと

朝日新聞に、こんな記事があった。 年寄りには部屋を貸さない大家が多いんだとか。 …

護美箱(ごみばこ)と書きたい

秋田の新聞『秋田魁新報』に連載中の『遠い風近い風』というエッセイに、昔、こんなも …

no image
林家たい平師匠

林家たい平さんを取材して来ました。笑点などのテレビで見る印象とはちょっと違って、 …