桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

親父の言葉 1

      2017/04/27

「人生あまりに短い
怒ってたって馬鹿馬鹿しい
自分の時間を損するだけ
怒るぐらいなら
笑ってた方が
よっぽど自分のためになる」

こんなことを父がのたまった。
たまにはいいこと言うなぁと、詩にしようかと思ったのだが、いっそのこと『親父の言葉』というくくりにして、今後も何かよさげな事を言ったら書き留めといて、ブログにアップしてみようと思った次第。
そしてこれが第一回。

 - 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

『日詩』のまとめ5月11日〜20日分アップしました

日誌ならぬ『日詩』 早いもので5月まで続いてしまいました。 ブログ『詩郷うたざと …

映画『母 小林多喜二の母の物語』に思う

 映画『母 小林多喜二の母の物語』の有料試写会が、明日横浜で開催されるという。上 …

『傷だらけの天使』が哀しい

傷だらけの天使第6話は まさに貧乏人の哀しさ ラストシーンは 蟹工船の読後の気分

『日詩』のまとめ。12月11日〜20日分です。

今年もあと数日。僕の『日詩』も、もうすぐ1年。最初はどうなるかと思いましたが、あ …

『日詩』9月11日〜20日おまとめ

さすがにもう秋の気配をしっかりと感じる頃となりました。 『日詩』にもそんな空気が …

東成瀬村の“くん炭”

昨日届いた『広報ひがしなるせ』に“くん炭”という文字を見た。くん炭?何だろう?と …

『日詩』8月1日〜10日のおまとめ

いやあ、暑いですねぇ。 でも『日詩』は書いてましたよ〜。 『日詩』ツイッター詩ま …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録6

 Sさんが好きだというアンティック屋さんがたんさんあるプレスコットという町を経て …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録1

トランプ大統領が何かと話題だが、彼を最初に知ったのはバブルの時だったと記憶してい …

日々の徒然
親父の言葉2

「節分の、豆まきはおまえらが出てってからやってない。 鬼は外〜で、万が一おまえら …