桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

久しぶりに大野木の墓参り

      2020/02/04

 朝、こんな日詩を書いた。
 
   数日前奴の夢を見た
   おい、たまには思い出してくれよ
   なのか
   おい、もうそろそろ忘れてくれよ
   なのか
   今日は奴の昔の誕生日
   もう歳は数えない
   しかし
   僕のどこかにまだ奴はいる

 そしたら、たまたまその日の仕事が目黒で終わった。朝家を出たときと予定が少し変わって、移動しなければならなかったのだ。帰ろうと目黒駅まで行って、ん?っと気づいた。確かここは大野木が眠っているお寺が近いんじゃなかったか?ネットで調べてみる。
 大野木が亡くなってはじめての墓参りも、皆との集合に遅れ、まあいっか…と、飲んだくれてから行ったため、お寺の名前もあやふやだったが、とにかく駅から近かったような気がするとの思いから、調べた中で駅に最も近い『高福院』に向かった。

予想はドンピシャ(まあ、予想とは言わないか。ただ場所を忘れていただけだから…)。このお寺だった。正式には『高野山真言宗高福院』である。
 ただ、ここは地べたにお墓があるわけではない。納骨堂が設けられていて、普段はそこに収められている。お参りをしたい時には、事前に予約をして、その時間に訪れるようにするのだと、前回は言われた。僕は遅刻していったため、みんなと一緒にお参りできず、みんなが「もう少ししたらあとで一人来ます」とお寺の人に伝言してくれたため、なんとかお参りできたらしかった。後でみんなと合流したら「今回は特例なんだぞ」とられた。まあ、いつものこと(笑)。
 このように、前回は特例だったのだが、今回も、いきなり目黒駅で思いついたのだから、予約などしているわけがない。ダメだったら納骨堂の外で手を合わせて帰ろうと(大野木ゴメン、いいかげんで)、とりあえず納骨堂の管理受付に顔を出した。
「あのぉ、お参りしたいんですけど、予約しなくちゃ無理ですよね」
(ダメだろうなぁ、おじさん無表情だし…)
「お名前わかりますか」
(お、いけるのか?でも、大野木の名前じゃないよな。誰の名前で登録してるんだっけな、長女?次女?どっちだっけ。とりあえず言ってみよう)
「大野木です。大きい野原の木と書いて大野木です」
(つい口から出てしまったが、これは生前ヤツが自分の名前を電話で相手に伝えるときの常套句だった。懐かしい)
「大野木さん、下の名前は?」
(やっぱり…、故人じゃないよな、たぶんどっちかの娘だが…)
 なんて考えていたら
「ありましたね、大野木さん。珍しい苗字ですから一人しかいらっしゃいません。大野木俊秋さんですね。○○○さんで登録されています」
「あ、それ長女です」
「了解致しました。では、少々お待ち下さい。これから準備致しますので」
「え?大丈夫なんですか?今からでも」
「ええ、他の予約も入っておりませんので」
 これはヤツのお導きか。とにかくヤツには会えるらしい。
 小さな礼拝堂のような場所に、お骨と写真が運ばれ、ロウソクに灯りが灯る。

「ではごゆっくり」
 おじさんが消えた。
 二人っきりになったんで、とりあえずポケットから缶ビールを出して供え、お焼香をしていろいろ話してみた。たわいもない話。
「そっちはどうだ?」
「ショーケンのライブには行った?」
なんて話してるウチに、
「なんでもうちょっとこっちに居てくれなかったんだよ」
「おまえがいなくてオレ結構大変だぜ」
「おまえが居たら、まだまだ一緒に仕事できたのに…」
なんてことを話し始め出して、やっぱり涙が出て来てしまった。自分でも笑うぐらいオイオイ泣いてしまった(笑)。
 供えたビールを開けて、二人で飲みながら、大野木の大好きだったショーケンのYouTubeを掛けた。
 ヤツがよくカラオケで歌っていた『大阪で生まれた女』と『酒と泪と男と女』。
 大野木の歌ってる姿を思い出しながら、ビールを飲んでたら、なんだか楽しくなってきた。
「いいね、いいね〜」
 笑いながら一緒に歌った。
 それを知ってか知らずか、受付のオジサンは、二階に上がって行ってくれたようだ。気を使ってくれたのか。
 二人で一本飲みきったところで、「またな」と挨拶して、僕の墓参りが終わった。偶然だったのに、意外にも充実した時を過ごすことができた。やっぱりヤツのお導きだったのかなぁ。

 - 2020年, 日々の徒然

Comment

  1. はる より:

    素敵な心暖まるお話をありがとうございます…わたしも大野木さんに会えた気がしました…好きな歌を聴きながら桂さんと飲んで語れてニコニコのお誕生日ですね…
    桂さんもどうぞご自愛くださいませ…

    • sasakikatsura.com より:

      はるさん

      お読み頂きありがとうございます。
      久しぶりに大野木と歌いました(笑)。
      僕は今のところ身体は大丈夫です。大野木にも「まだ俺を呼ぶなよ」って言っておきました(笑)。大野木も「間に合ってるよ」って笑ってたと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

映画『母 小林多喜二の母の物語』に思う

 映画『母 小林多喜二の母の物語』の有料試写会が、明日横浜で開催されるという。上 …

『日詩』9月21日〜30日おまとめ

早いものでもう10月。 『日詩』も丸9ヶ月続きました。 日誌ならぬ日詩と書き続け …

寒九のとろろ

三日とろろという風習が福島県あたりを中心にあるそうで、コレ、1月3日に山芋を食べ …

『日詩』8月21日〜31日おまとめ

8ヶ月、続きました。飽きっぽい自分としては、驚きです。 『日詩』ツイッター詩まと …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録10

8月14日  この日、旅の2日目にピンチを迎えるとは、朝、目が覚めるまでわからな …

あら?豊島園、閉園なの?

 去年の夏、朝一でプールに行って、ナイトプールまで楽しんで帰ったのに、まさかの閉 …

日詩 7月11日〜20日(2018)

日詩のまとめです。 日詩(ツイッター詩まとめ) 7月11日〜20日 例えばこんな …

日詩 11月11日〜20日(2018)

日詩のまとめです。 日詩(ツイッター詩) 11月21日〜30日 こんな詩も… 空 …

世界一の花時計だとか

少し前に、伊豆の土肥温泉に行って来ました。もともと西伊豆は好きな場所の一つですが …

電車の中吊り広告から“支援しない支援”に共感

これは、去年「その通り!」と思って電車の中で写真を撮ってしまった中吊り広告。 悩 …