桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

曹洞宗の二大総本山・総持寺

      2017/01/25

神様にお参りしたかと思ったら、次の日は仏様。この節操のなさが日本人の良いところ。神仏習合を出すまでもなく、昔っから日本人は八百万神(やおろずのかみ)を信じていたのだから、仏教でもキリスト教でも何でもござれなのである。

ちなみに神仏習合については、この人のブログが面白かった。
http://blog.livedoor.jp/waninoosewa/archives/1422061.html

まあ、そんな言い訳はいいとして、出雲大社分祀の翌日は、曹洞宗二大本山のひとつ総持寺である。
徒然総持寺石碑

ウチが曹洞宗なので(といっても信心深いわけでもなく、ただ墓の管理と葬式をやってもらうお寺が曹洞宗だったということで)、道元の正法眼蔵を賞賛したり禅をかじってみたりと、何かと曹洞宗びいきなのだが、そんな僕にとって総持寺は関東にある総本山ということで、訪れやすい身内の寺なのである。

今回は、両親も来ていたので、老親子三人連れだって行ってみた。檀家の旅行で母親は一度来たことがあるらしいが、団体旅行の常で、同行の近所のおばちゃんたちとくっちゃべりながら歩いていたからだろう、お寺を見てもほとんど記憶がないとのこと。
徒然総持寺山門

まあ、それでもさすが大本山、まだ正月気分が多少残っているため人は多いが、それでも人々の騒がしさをすべて吸い取り、凜とした静寂を感じさせてくれる空気が漂う。

まずは道元さんをはじめとした歴代の禅師が祀られる大祖堂と、
徒然総持寺大祖堂
禅宗の本尊である釈迦牟尼如来を祀る大雄宝殿を参拝。

大雄宝殿に鎮座する如来様は、
「如来は、死の恐怖、病気、四苦八苦など様々な衆生の悩みや苦しみを救済するため、その具体的な請願によって出現される仏です。尊像は、右手を施無畏印、左手は与願印の印相をしております。この印相は、人々の不安をとり除き、あらゆる願いをかなえてくれる大慈悲の心を表現しています」(総持寺HPより)
ということなので、これは拝んどかなきゃと思った次第。

そしていろいろ見て回った最後に、ついでといっては何であるが、石原裕次郎さんのお墓もお参りした。ここにお墓があったんですねぇ。
徒然総持寺裕次郎

で、うちの母であるが、総持寺のことはほとんど記憶がないくせに、裕次郎の墓をお参りしたことは覚えていて「そうそうこのお墓には来た」だと。81歳、まだまだ元気にミーハーである。

 - 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

日々の徒然
聖バレンタイン

 この歳になると、バレンタインデーとかいわれても「んで?」って感じなのだが、娘か …

アメ横

昨日、根津神社に行ったついでに、久しぶりにアメ横に寄った。まだ幼稚園の幼い娘が、 …

護美箱(ごみばこ)と書きたい

秋田の新聞『秋田魁新報』に連載中の『遠い風近い風』というエッセイに、昔、こんなも …

『日詩』9月11日〜20日おまとめ

さすがにもう秋の気配をしっかりと感じる頃となりました。 『日詩』にもそんな空気が …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録10

8月14日  この日、旅の2日目にピンチを迎えるとは、朝、目が覚めるまでわからな …

たらふく牡蠣を食べました

 娘の誕生日の晩餐。なぜか牡蠣。いろいろリクエストは聞いたのだ。最初は子供らしく …

日々の徒然
3月4日さきがけ新聞寄稿で書けなかった「僕の緊張」について

秋田の「さきがけ新聞」から、秋田県の公立高校を受験する中学生にエールを送る原稿を …

シルヴァスタインの絵本

友だちが持っていた絵本。勧められて読んだら深くてハマった。有名らしいが恥ずかしな …

『日詩』4月1日〜10日アップ

早いものでもう4月。 4月の初めは、新しい出会いの季節。 素敵な仲間と出会うこと …

道元の『正法眼蔵』がムズおもしろい

曹洞宗の開祖・道元の著した『正法眼蔵』が難しいけど面白い。 僕の情報不足なのか、 …