桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

関東の出雲さん(秦野)

      2017/01/24

関東の出雲さんと呼ばれている神社が、神奈川県の秦野にあると聞いて、出掛けてみた。正式名称は『出雲大社相模分祀』。
徒然関東出雲

神社の説明では、明治21年に、島根の出雲大社から要請されて、出雲大社の御分霊をこの地に祀ったとのこと。理由は、大国主大神の御神徳を関東に広めるためだったそうだ。これが「関東の出雲さん」と呼ばれる所以となっている。

出雲大社といえば、縁結びの神様として名高いが、縁結びとは何も男女の縁だけではない。さまざまな幸福の縁と結んでくれるものなんだそうだ。
そもそも、だいこくさまと呼ばれて親しまれている大国主大神には、その他にもかなりの別名を持っている。そのため、御利益も豊富で、商売繁盛の神、地鎮の神、農耕の神、医薬の神、子授けの神、安産の神、教育学芸の神、厄除けの神、八方除けの神と、なんでもござれである。だから昔から“国中第一の霊神”なんて呼ばれていたりする。これつまり、最も御利益のある神様ということ。
徒然関東出雲本殿

また、ここの境内には幽冥宰大神を祀る『祖霊社』というのがあるのだが、これは大国主大神の幽世での神名なのだそうで、大国主大神は国譲りの時に、幽世での支配権も条件にしていたんだとか。
ちなみにこの幽世というのは、死後の世界や目に見えない世界のこと。ここから、大国主大神は、目に見えない縁なども司っているとされ、縁結びの神様と言われるようになったということである。
徒然関東出雲祖霊社

もひとつ注目したいのは、境内のお水。名水100選のひとつに選ばれている秦野盆地湧水群が使われていて、さらにそれが大国主大神の霊威で『若返りの水』となっている。手と口を清める水はもちろんだが、
徒然関東出雲手洗い
奥の方に行くと湧き水を汲める場所もある。まずはここで一杯頂こう。
徒然関東出雲若返りの水

ちなみにこの地は、島根の本社の真東に位置しているため、春分や秋分の日には、太陽の光が本社とここを一直線に結ぶのだとか。何やらその日はさらなる御利益がきたいできそうだ。

 - 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

『日詩』のまとめ。10月21日〜31日分です。

『日詩』ツイッター詩まとめ(10月21日〜31日)

『日詩』7月22日〜31日のおまとめ

まだまだ『日詩』毎日書いてます。 『日詩』ツイッター詩まとめ(7月21日〜31日 …

『日詩』のまとめ。10月1日〜10日分です。

もう秋ですねぇ。 やっぱり少し寂しくなる季節かなぁ。 暑さと湿気で汗だくの夏が、 …

日々の徒然
こんな夢を見ました

夢を見た。 家(たぶん実家)の屋根に穴が空いたのか雨漏りがする。昔風に、とりあえ …

アメ横

昨日、根津神社に行ったついでに、久しぶりにアメ横に寄った。まだ幼稚園の幼い娘が、 …

日々の徒然
「日誌」ならぬ『日詩』

日記は子供の頃から三日坊主。なのに、さらにハードルの高い毎日書く詩に挑戦してます …

樫田正剛の舞台『伊賀の花嫁』

30年来の友人。樫田正剛氏が脚本・演出を手がける舞台を久しぶりに観に行った。その …

30年前の東成瀬村取材

 僕が4年3ヶ月勤めたフロム・エー編集部。テレビのADをやっていたのはまだ学生の …

寒九のとろろ

三日とろろという風習が福島県あたりを中心にあるそうで、コレ、1月3日に山芋を食べ …

護美箱(ごみばこ)と書きたい

秋田の新聞『秋田魁新報』に連載中の『遠い風近い風』というエッセイに、昔、こんなも …