桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

関東の出雲さん(秦野)

      2017/01/24

関東の出雲さんと呼ばれている神社が、神奈川県の秦野にあると聞いて、出掛けてみた。正式名称は『出雲大社相模分祀』。
徒然関東出雲

神社の説明では、明治21年に、島根の出雲大社から要請されて、出雲大社の御分霊をこの地に祀ったとのこと。理由は、大国主大神の御神徳を関東に広めるためだったそうだ。これが「関東の出雲さん」と呼ばれる所以となっている。

出雲大社といえば、縁結びの神様として名高いが、縁結びとは何も男女の縁だけではない。さまざまな幸福の縁と結んでくれるものなんだそうだ。
そもそも、だいこくさまと呼ばれて親しまれている大国主大神には、その他にもかなりの別名を持っている。そのため、御利益も豊富で、商売繁盛の神、地鎮の神、農耕の神、医薬の神、子授けの神、安産の神、教育学芸の神、厄除けの神、八方除けの神と、なんでもござれである。だから昔から“国中第一の霊神”なんて呼ばれていたりする。これつまり、最も御利益のある神様ということ。
徒然関東出雲本殿

また、ここの境内には幽冥宰大神を祀る『祖霊社』というのがあるのだが、これは大国主大神の幽世での神名なのだそうで、大国主大神は国譲りの時に、幽世での支配権も条件にしていたんだとか。
ちなみにこの幽世というのは、死後の世界や目に見えない世界のこと。ここから、大国主大神は、目に見えない縁なども司っているとされ、縁結びの神様と言われるようになったということである。
徒然関東出雲祖霊社

もひとつ注目したいのは、境内のお水。名水100選のひとつに選ばれている秦野盆地湧水群が使われていて、さらにそれが大国主大神の霊威で『若返りの水』となっている。手と口を清める水はもちろんだが、
徒然関東出雲手洗い
奥の方に行くと湧き水を汲める場所もある。まずはここで一杯頂こう。
徒然関東出雲若返りの水

ちなみにこの地は、島根の本社の真東に位置しているため、春分や秋分の日には、太陽の光が本社とここを一直線に結ぶのだとか。何やらその日はさらなる御利益がきたいできそうだ。

 - 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

『日詩』7月1日〜10日のおまとめ

そろそろ言葉や表現がかぶらないように気をつけなきゃと意識し始めてます。 『日詩』 …

no image
林家たい平師匠

林家たい平さんを取材して来ました。笑点などのテレビで見る印象とはちょっと違って、 …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録1

トランプ大統領が何かと話題だが、彼を最初に知ったのはバブルの時だったと記憶してい …

日々の徒然
長靴を履こう!

たまたま雪が降った日にふと思った。 長靴はいつからカッコ悪いものになったのか。ブ …

『日詩』のまとめ4月21日〜30日分アップしました

日誌ならぬ『日詩』続けております。 よろしければ 『詩郷 うたざと』にて htt …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録12

 とにかく今日は“走り日”だ。ひたすら車を走らせる。ギャロップからアルバカーキー …

道元の『正法眼蔵』がムズおもしろい

曹洞宗の開祖・道元の著した『正法眼蔵』が難しいけど面白い。 僕の情報不足なのか、 …

no image
納豆最高

19日付けの朝日新聞「脳卒中死亡リスク納豆で3割減」 やっぱり我が納豆は最高っす …

『日詩』6月21日〜30日のおまとめ

なんとか半年続きました。次の目標はとりあえず1年ということで… では 日詩 6月 …

故郷の子供たちの贈り物

机の上の本棚を整理していたら、こんなものが出てきました。 首都圏なるせ会でもらっ …