桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

手帳一筋73年、ダイゴーの手帳

      2018/02/12

嫁に良く言われる。
「あなたって、必要以上にちっちゃい手帳と、必要以上におっきいノートを持ち歩く人だよね」
と。
その必要以上にちっちゃい手帳というのが、こちら。

どっちもダイゴー株式会社というところが出している手帳シリーズ。
手帳一筋73年だそうだ。
これを見つけたとき、思わず「これだ!」と思って、使い始めてもう10年近くなる(たぶん)。
“持ち運びやすい極小サイズ“というのがキャッチフレーズだが、まさにその通り。
こっちのダイアリータイプは、9.5㎝×7㎝

こちらのメモ帳タイプは9.5㎝×6㎝(鉛筆部分を入れると約7㎝)
(ちなみに、鉛筆は毎年年末に役目を終えたダイアリータイプの鉛筆をメモ帳タイプで使うことにしている。理由は、手帳タイプの方に付属している鉛筆にはヒモが付いていないからだ。ヒモがある方が、すぐに白紙部分を開くことが出来るため、迅速にメモしなければならないときに便利なのである。ダイゴーさん、その辺をご一考下さい。)

いずれもちっちゃい。これが便利なのである。
毎日スーツを着る人たちは、スーツの胸ポケットに入れられるから、それなりに大きな手帳でも大丈夫だろうが、
僕らのような夏はTシャツ、冬は長袖のTシャツといった格好で仕事をしている人間にとっては、ポケットはパンツのポッケだけ。そこにハンカチやらカギやら小銭やらと一緒に手帳を入れたい!となると、どうしたってサイズに限界があるわけである。いろいろ試してみた結果、中には小さいのもあったのだが、それには鉛筆が付いていない。つまり、手帳に何か書くときに、結局バッグを開けてペンを取り出して…と手間が掛かる。
例えば、電車で何か思い浮かんだり、電話が掛かってきて何かをメモしたりしなくてはならない時、スーツの人は胸ポケットにペンもさしているだろうが、僕らにはそれができないので、すぐメモりたいと思った時などは、この鉛筆付きがすこぶる便利なのである。
ということで、今年も、嫁曰くの「必要以上にちっちゃい手帳」をポケットにしのばせ、仕事に励むことにする。
ちなみに「必要以上におっきいノート」の話は、また今度。

#手帳 #ダイゴー #ポケットサイズ #携帯するのに便利 #便利な手帳

 - 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

日々の徒然
「日誌」ならぬ『日詩』

日記は子供の頃から三日坊主。なのに、さらにハードルの高い毎日書く詩に挑戦してます …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録2 『小説アメリカンロード』

 備忘録1では、アメリカを車で旅した話の前振りをして、今後折に触れて書いていくと …

根津神社の千本鳥居

成人式で晴れ着がいたるところで花咲く都内の9日。こんな日に神社にいったら混むだけ …

『日詩』のまとめ4月21日〜30日分アップしました

日誌ならぬ『日詩』続けております。 よろしければ 『詩郷 うたざと』にて htt …

関東の出雲さん(秦野)

関東の出雲さんと呼ばれている神社が、神奈川県の秦野にあると聞いて、出掛けてみた。 …

no image
林家たい平師匠

林家たい平さんを取材して来ました。笑点などのテレビで見る印象とはちょっと違って、 …

東成瀬村の“くん炭”

昨日届いた『広報ひがしなるせ』に“くん炭”という文字を見た。くん炭?何だろう?と …

曹洞宗の二大総本山・総持寺

神様にお参りしたかと思ったら、次の日は仏様。この節操のなさが日本人の良いところ。 …

日々の徒然
『日詩』1月21日〜31日アップしました。

ツイッターにあげている『日詩』。頑張ってまだ続いています。11日分を『詩郷(うた …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録7

 夕食は近くの『COFFEE SHOP』と銘打った店へ。コーヒーショップという名 …