桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

道元の『正法眼蔵』がムズおもしろい

   

曹洞宗の開祖・道元の著した『正法眼蔵』が難しいけど面白い。

僕の情報不足なのか、時間をかけて本屋巡りをしてないせいなのか、
最近読みたい本がなかなかなくって、
昨年辺りから道元『正法眼蔵』に手を出したのだが、
これがなかなか難しい。
手に入れたのは、岩波文庫の水野弥穂子さんのもの。まあ、現在では最も定番の本かと。

img_3200

おそらく原文をあまりいじってないものだと思いますが、その分、難しい。
でも、その分、面白いとも言えます。
ただ、いかんせん、なかなか読み進められない。
そこで何かないものかと、辿り着いたのが、PHP研究所刊の『新訳正法眼蔵』(ひろさちや・編訳)というもの。

518oyxxamul

これはわかりやすい。ひろさちや氏の独特の解釈もあるでしょうから、『正法眼蔵』ファンにとっては賛否両論あるかもしれませんが、初心者がざっくり読む入門書としてはいい。
ただ、一冊で説明しようとしているため、原文のすべてを訳しているわけではなく、編者が大切だと思う箇所をピックアップしているので、全部は読めません。それが残念でなりませんが、入門書としてはお勧めです。

次に狙っているのが河出文庫の『現代文訳正法眼蔵』(石井恭二・訳)これは現代文訳だけなので、石井氏の解釈には、またまた賛否両論あろうかと思われますが、前述の岩波文庫の水野弥穂子さんバージョンと比べながら読めば面白いかと思います。ただ、今、絶版らしくて、古本しか手に入りません。

 - 日々の徒然

Comment

  1. 小松紀子 より:

    ご実家の菩提寺が曹洞宗でしたら、永平寺、総持寺、最乗寺など本山をお参りしたり、映画「禅」を観たり、をおすすめします。
    修証義、総序の「生を明らめ死を~」は大好きです。仏教は宗教というよりは哲学ですね。
    道元禅師はうたなんかやるなといいながら、ご自分ではいい和歌を歌っています。
    良寛さんも素敵だなあ。

    • sasakikatsura.com より:

      曹洞宗です。永平寺、総持寺はお参りしました。最乗寺は行ったことがないので、ぜひ今度行ってみたいですね。
      あと、曹洞宗第三の本山だった、水沢江刺の『正法寺』にも行きたいと思っています。
      「第三の本山だった」と過去形なのは、最近(2013年に)、修行僧がケガをしてしまうという出来事があったため、
      専門僧堂(僧侶育成の機関)の認可取り消し処分になっているからだそうです。
      でも、近所ですし、茅葺き屋根のお寺は見事なようですので、ぜひお参りしたいと思っています。

      • 小松紀子 より:

        奥州市水沢区の正法寺、参詣してきました。お話のように茅葺き屋根の大きな古刹でした。惣門から、石というか岩というか、歴史を感じました。近くの天台宗黒石寺も良かった。
        北上川のおかげで、早くから開けているんですね。平泉文化よりずっと昔から、仏教が、入っているんですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

米農家を変える若者たち

週刊朝日の連載「美し国旨し米」、早いもので13回目を迎えてしまいました。今回から …

日々の徒然
聖バレンタイン

 この歳になると、バレンタインデーとかいわれても「んで?」って感じなのだが、娘か …

樫田正剛の舞台『伊賀の花嫁』

30年来の友人。樫田正剛氏が脚本・演出を手がける舞台を久しぶりに観に行った。その …

no image
林家たい平師匠

林家たい平さんを取材して来ました。笑点などのテレビで見る印象とはちょっと違って、 …

日々の徒然
こんな夢を見ました

夢を見た。 家(たぶん実家)の屋根に穴が空いたのか雨漏りがする。昔風に、とりあえ …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録3

 1988年の夏、僕は、バイク仲間でありライターの先輩でもあった友人のSさんとア …

『日詩』のまとめ5月11日〜20日分アップしました

日誌ならぬ『日詩』 早いもので5月まで続いてしまいました。 ブログ『詩郷うたざと …

電車の上り下りは…

両親が遊びに来ていて、毎晩宴会となっているのだが、なかなか面白いテーマが持ち上が …

たらふく牡蠣を食べました

 娘の誕生日の晩餐。なぜか牡蠣。いろいろリクエストは聞いたのだ。最初は子供らしく …

『日詩』6月21日〜30日のおまとめ

なんとか半年続きました。次の目標はとりあえず1年ということで… では 日詩 6月 …