桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

30年前のアメリカ紀行備忘録11

      2017/06/01

 幸い来てくれたポリスは、割と親切なメキシコ系アメリカ人。移動の件もスルーのまま現場検証はあっという間に終わった。が、いくら訴えてもポリスカードをくれない。よくよく聞いてみると、彼曰く、レンタカー屋へ連絡して、ポリスアフィスまで電話するように伝えろとのこと。しょうがないからOKするが、レンタカーを借りるのさえ大変だったのに、そんな難しいことを電話なんかで正確に伝えられるわけがない。案の定、僕らの英語では伝わらない。ちなみにレンタカーはバジェットレンタカーさん。
 20分ほどすったもんだした後、困った時にはアメックス!ということで、日本語サービスへ電話。サービス担当のサヨコさんの話でやっと事情が飲み込めた。ポリスはポリスカードなしでバジェットと直接やりとりして済ませたかったようだ。まあ、いうなればポリスも日本人を信用できなかったのだろう。今日まで日本人など見たことがないといった感じだったから、その判断も間違ってはいないのだ。
 アメックスからの連絡であっという間に問題は解決。少し遅れてしまったが、とにかく今日の予定地であるオクラハマへと出発だ。

 - 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三が日は箱根駅伝

うちの親父は、高校の頃長距離選手だったらしく、その思い出もあってか、正月はずっと …

日々の徒然
『日詩』1月21日〜31日アップしました。

ツイッターにあげている『日詩』。頑張ってまだ続いています。11日分を『詩郷(うた …

首都圏なるせ会の新年会

 我が故郷・東成瀬村は、昔から首都圏に出てくる人が多い。そのため、そんな同郷人が …

世界一の花時計だとか

少し前に、伊豆の土肥温泉に行って来ました。もともと西伊豆は好きな場所の一つですが …

米農家を変える若者たち

週刊朝日の連載「美し国旨し米」、早いもので13回目を迎えてしまいました。今回から …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録1

トランプ大統領が何かと話題だが、彼を最初に知ったのはバブルの時だったと記憶してい …

日々の徒然
長さんの「…なんてな」

 踊る大捜査線で、いかりや長介さん扮する和久平八郎が発する「…なんてな」が好きだ …

日々の徒然
親父の言葉2

「節分の、豆まきはおまえらが出てってからやってない。 鬼は外〜で、万が一おまえら …

『日詩』8月11日〜20日のおまとめ

実家の秋田ではお盆も終わり、そろそろ秋が見えてきそうな気配でしょうか? 東京はま …

坂本龍一氏の言葉にすっきり!「音楽の力」に違和感あった

 2日の朝日新聞に、坂本龍一氏を取材した『「音楽の力」は恥ずかしい言葉』と記事が …