桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

我が心のジェニファーby浅田次郎

      2019/01/24

浅田さんの『我が心のジェニファー』を読んだ。海外からの外国人観光客(インバウンド)が増え、また、日本自体もそれを大々的に歓迎しているムードの中で、この小説は、日本を知らないアメリカ人が、日本中を旅して発見をしていくというものだった。テーマに惹かれて読んでみた。正直に言うと、もっといろんな所を回って欲しかったかな。京都、大阪、東京は、初の観光としては当然で、さらに九州と北海道にまで足をのばしているのは素敵だが、もうちょっと、地方の魅力を表現して欲しかった。主人公の日本滞在の日程が3週間ということもあるし、小説のページ数が足りないということもあるだろうが、ぜひ、シリーズ化してほしい。

 - 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

郷土料理『のとろ』(秋田県東成瀬村)

うちの村なのか、うちの家なのかわからないが、僕が子供の頃から食べている料理(鍋と …

日々の徒然
どじょっこふなっこ

今の若い人はあまり知らないかもしれないが、 「どじょっこふなっこ」という童謡があ …

たらふく牡蠣を食べました

 娘の誕生日の晩餐。なぜか牡蠣。いろいろリクエストは聞いたのだ。最初は子供らしく …

根津甚八さんとの想い出

俳優の松方弘樹さんが1月21日に74歳で亡くなったというニュースが飛び交った。松 …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録10

8月14日  この日、旅の2日目にピンチを迎えるとは、朝、目が覚めるまでわからな …

関東の出雲さん(秦野)

関東の出雲さんと呼ばれている神社が、神奈川県の秦野にあると聞いて、出掛けてみた。 …

青学おめでとう!駅伝は金栗四三さん

 うちの田舎の正月は、雪に覆われ、さらには吹雪だったりして、そもそも外に出られな …

東成瀬村の“くん炭”

昨日届いた『広報ひがしなるせ』に“くん炭”という文字を見た。くん炭?何だろう?と …

久々の晴天

青空を見たのは何日ぶりでしょう。 伯母の通夜だ葬儀だとバタバタしていたせいもあっ …

日々の徒然
親父の言葉2

「節分の、豆まきはおまえらが出てってからやってない。 鬼は外〜で、万が一おまえら …