桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

七草がゆと納豆汁

      2017/01/27

秋田魁新報のリレー連載が、昨日発売だった。7日発売なので、七草がゆの話を書こうと、いろいろ調べたら、納豆汁との関連があった。
んで、それを書いて、さらにそのことをfbに載せたら、ことのほか反響があった。
秋田の人たちは納豆汁大好きという話、秋田以外の人からは、納豆汁って何?美味しいの?食べてみたい!っていう感想。
いずれにしても、僕の大好きな納豆汁に共感してもらって嬉しかった。
記事の納豆汁の部分だけ、ちょっと転載してみる。

「この七草粥だが、ウチには食べる習慣がなかった。そもそも、セリやカブ(スズナ)やダイコン(スズシロ)はともかくとして、残りの4つの野草は雪降る真冬に手に入れることは難しかったのではなかろうか。そんな疑問もあって調べてみたら、「雪国では早春に芽吹く七草を揃えることができませんでした」なんていう記述を見つけた。
 じゃあ、どうしたんだ?
なんと雪国では、七草粥の代用品として納豆汁があったとある。僕の大好きな納豆汁である。秋田南部や山形、岩手、青森の一部の地域らしいが、七草を揃えられない代わりに納豆汁が産み出されたのだとか。ホントかどうかはわからないが、納豆汁でいいなら、特に七草を食う必要はない。七草粥を食す理由は、おせちに疲れた胃に優しいお粥に、七草の栄養分を加えて摂取するため。かたや納豆汁は、タンパク質が豊富な納豆と、納豆にはない栄養素を含む具材を組み合わせた、冬の栄養分を補う最強料理。そして、僕の経験では胃にも優しい…はず。
 「そうか、納豆汁で良かったんだ!」ということで、今日の七草粥はやめにして、納豆汁にすることにした。お粥で酒は飲めないが、納豆汁ならイケるしな。おっとこれじゃあ、ちっとも胃に優しくないか(笑)。まあ、これも僕らしい松の内のシメということで…。本年もよろしくお願い致します。

こんな内容。やっぱり、僕の大好きな納豆汁は、冬には欠かせない汁(じる)なのである。

 - 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

日々の徒然
『日詩』2月21日〜29日分アップしました。

ツイッターにあげている『日詩』。2ヶ月終わりました。最近楽しくなってきました。1 …

日々の徒然
親父の言葉 1

「人生あまりに短い 怒ってたって馬鹿馬鹿しい 自分の時間を損するだけ 怒るぐらい …

日々の徒然
大学受験共通一次試験失敗

 入試のシーズンである。この季節がくるたびに思い出すのが、受検の失敗。  僕らの …

居亡くなった伯母ちゃんに捧げます

年末に居亡くなった伯母ちゃんに捧げ、2006年に書いた、伯母ちゃんが住んでいた地 …

穴八幡

穴八幡に行って来た。 ウィキペディアには歴史やら由来やら、ありがたみのあることが …

日詩 6月1日〜10日(2018)

日詩のまとめです。 日詩(ツイッター詩まとめ) 6月1日〜10日 例えばこんな詩 …

新聞スクラップシリーズ“自転車の三角乗り”

これも去年の新聞。 おそらく今の若い人は知らないだろうなぁ。 自転車の三角乗り。 …

老眼コンタクト(遠近両用コンタクト)

 3〜4年前から、老眼コンタクトを使い始めた、僕はそう呼んでるが、正確には『遠近 …

スゴイ御利益がある!!…らしい『小網神社』

 今年から、84歳になる親父とお袋、が豪雪の秋田が嫌で冬だけ東京暮らしを始めた。 …

『日詩』のまとめ。12月21日〜31日分です。

『日詩』 一年間ありがとうございました。 『日詩』ツイッター詩まとめ(12月21 …