桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

紅白歌合戦はもう一度録画で

      2020/01/15

 この間も書いたが、おせちは大晦日に食べ、その他のごちそうを頬張りながらの大宴会というのが、ウチの実家の習わしで、僕は東京に来てからもそれを踏襲しているが、そこに欠かせないのがNHKの『紅白歌合戦』である。
 ただし、生中継の大晦日当日はなにせ大宴会。観てるんだか観てないんだかわからない状態だから、翌日思い返しても、あまり覚えていない。何だかもったいないなと、今年は録画してみた。世代的にドンピシャな、サザンとユーミンが出た去年、「録画しておけばよかった」と後悔したのが教訓にもなっていた。
 で、枝豆とビールを用意して、4時間にわたる『紅白歌合戦』をじっくり観てみた。結論から言うと素直に「おもしろかった」。
 前後半の2部制になった1989年以降での、ワースト視聴率だったというのは、すでにネットのニュースで知っていたが、そんなものはどうでもよい。過去ワースト視聴率の大河ドラマ『いだてん』が大好きだった僕である。きっと世間の感覚と僕はズレているのだ。ということは、きっと面白いに違いない。そんなひねくれた自信を持って観た。そして面白かった。大好きな綾瀬はるかの司会もよかった。ビートたけしの『浅草キッド』は泣いた。ミーシャの紅組トリは素晴らしかった。嵐が歌った『カイト』も予想以上によかった。嵐も米津玄帥もそこまで好きなわけではないがよかった。演歌も好きなので、演歌歌手の人たちには、もうちょっとちゃんと歌わせてほしかったけど、でもあれはあれでよかった。石川さゆりも圧巻だった。同じ歌なのに年々すごくなるのは、さすが歌手だなぁと感心してしまった。三波春夫も村田英雄も美空ひばりもいなくなり、北島三郎も都はるみも和田アキ子も出なくなり、紅白らしい演歌が少なくなってしまった中、石川さゆりはすごかった。
 まあ、ビールを遣りながらなので、分析しながら観ていたわけではもちろんない。ただ、変なバラエティよりも、断然酒の肴になる番組だということはわかった。涙腺がもろくなったせいもあるが、いろんな歌で泣かせてもらえた。やっぱり『紅白歌合戦』は、いい。そして、正月の二度観がまた、いい。来年も録画しようっと。

 - 2020年, 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

下駄が好きだ

 これも新聞記事で申し訳ないが、こんな記事広告が載っていた。本人たちの企業広告で …

no image
親父が豆まき解禁

 84歳になる両親が、今年は冬の秋田を逃れ東京に来ている。「もう、雪はうんざり」 …

日詩 11月1日〜10日(2018)

日詩のまとめです。 日詩(ツイッター詩) 11月1日〜10日 こんな詩も… キリ …

東成瀬村の“くん炭”

昨日届いた『広報ひがしなるせ』に“くん炭”という文字を見た。くん炭?何だろう?と …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録16

8月17日  コーパスは曇り・雨  対岸に渡って一周し、ダウンタウンへ行く予定を …

『日詩』9月21日〜30日おまとめ

早いものでもう10月。 『日詩』も丸9ヶ月続きました。 日誌ならぬ日詩と書き続け …

『日詩』のまとめ。11月1日〜10日分です。

この間まで秋だと思っていたら、 もう冬が近づいてきました。 そんな11月最初の日 …

屋上に庭園(池袋西武百貨店)

 池袋西武百貨店、何年ぶりかで訪れた。そしたら、こんなことに。屋上が庭園となって …

おせちは大晦日がいい

 東京で初めての年末年始を迎えた時、僕の田舎とは随分違うものだと感慨深かった思い …

日詩 2月21日〜28日(2018)

日詩のまとめです。 日詩(ツイッター詩まとめ) 2月11日〜28日 例えばこんな …