桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

日詩 11月1日〜10日(2018)

      2018/11/21

日詩のまとめです。

日詩(ツイッター詩) 11月1日〜10日

こんな詩も…

キリギリスで生きてきた
今さら
アリなれる能力(ちから)はない
このまま冬を越せずに
朽ちるのか
何かの術(すべ)を掴み
なんとか
春の入り口まで生き延びるのか

 - 日々の徒然

Comment

  1. 小松 より:

    スマホで(詩郷)を読んで心を動かされ、新聞のエッセイで、ヘエ~と喜び、たけしさんのテレビをみたり。
    あーだけど、作者に何も対価を払っていない。
    でも、ファンですからね!!!

    • sasakikatsura.com より:

      小松様

      いつも詩やエッセイをお読み頂きありがとうございます。
      「ファンです」というお言葉だけで励みになります。
      今後ともよろしくお願いいたします(^^)/

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

2021年1月1日“たこ焼き”の元祖は、根っこに会津が…

2021年1月1日 あけましておめでとうございます。一昨年、昨年と挫折したブログ …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録21

 僕はすぐにBAR&DISCOへ。Sさんはシャワー。  地元の人中心の店で、みん …

『窓から逃げた100歳老人』『世界を救う100歳老人』

 先日の『天声人語』である。  ヨナス・ヨナソンさんが著した小説『窓から逃げた1 …

日詩 5月11日〜20日(2018)

日詩のまとめです。 日詩(ツイッター詩まとめ) 5月11日〜20日 例えばこんな …

『日詩』のまとめ4月21日〜30日分アップしました

日誌ならぬ『日詩』続けております。 よろしければ 『詩郷 うたざと』にて htt …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録6

 Sさんが好きだというアンティック屋さんがたんさんあるプレスコットという町を経て …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録1

トランプ大統領が何かと話題だが、彼を最初に知ったのはバブルの時だったと記憶してい …

日々の徒然
長さんの「…なんてな」

 踊る大捜査線で、いかりや長介さん扮する和久平八郎が発する「…なんてな」が好きだ …

穴八幡

穴八幡に行って来た。 ウィキペディアには歴史やら由来やら、ありがたみのあることが …

尺八

 滝廉太郎の『荒城の月』を吹けるようになりたい!という単純な理由で尺八を習いに行 …