桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

30年前のアメリカ紀行備忘録6

      2017/05/31

 Sさんが好きだというアンティック屋さんがたんさんあるプレスコットという町を経て、フラッグスタッフへ向かう。この旅は、とりあえず日が沈まないうちに走れるだけ走って、暗くならないうちに宿を決めるというのをルールとした。知らない土地で夜はやはり怖いから。その日の出発時に地図を見て、だいたい走れる距離を予想し泊まる町の目処をつける。初日はそれがフラッグスタッフだったのだ。
 アメリカでのドライブ旅行で宿に困ることはほとんどない。走っていて町が近づくと必ずモーテルの看板が出てくる。そしてそのホテルが空室か満室かも表示されている。あとは近くまで行って気に入ればinにハンドルを切ればいい。この日初めてvacancy(空室)という言葉を知った。
 できるだけ見映えの良いモーテルを探してチェックイン。ただしあまり安くない。まだまだ僕らは旅慣れないのだろう。夜、スーパーに買い出しに行く。ナント24HRスーパーだという。24時間やってるスーパーなんて日本では考えられない。そこで水虫の薬を探す。下駄で来たので、裸足で歩いた飛行機が悪かったのか、どうもかゆいのだ。さんざん探すがわからず、水虫という英語も知らず、とりあえず買って、部屋でゆっくり辞書を引いてみたら、あらら、マメ・ウオノメの薬だった。

 - 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

日々の徒然
3月4日さきがけ新聞寄稿で書けなかった「僕の緊張」について

秋田の「さきがけ新聞」から、秋田県の公立高校を受験する中学生にエールを送る原稿を …

日々の徒然
あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願い致します。 昨年作った新しいブログ『詩郷(うたざと)』htt …

no image
ライスカレーの哀しい想い出

子供の頃 、なんであんなんにライスカレーが楽しみだったのだろう。うちの場合、大概 …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録11

 幸い来てくれたポリスは、割と親切なメキシコ系アメリカ人。移動の件もスルーのまま …

念願の“石けん箱

 念願の“石けん箱”が届いた。  リッチェル石けん箱 角「ハユール」。  なんで …

工作に使う“糊”に似てるから『のり餅』なのか?

米粉で作ったもちを、父の実家の地域(秋田県東成瀬村菅の台)では、『のり餅』と言っ …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録9

 適当なモーテルをみつくろってチェックインしたのだが、土曜の夜だったからなのか、 …

『日詩』8月1日〜10日のおまとめ

いやあ、暑いですねぇ。 でも『日詩』は書いてましたよ〜。 『日詩』ツイッター詩ま …

曹洞宗の二大総本山・総持寺

神様にお参りしたかと思ったら、次の日は仏様。この節操のなさが日本人の良いところ。 …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録8

 8月13日  朝からグランドキャニオンへ向かう。どこまで行っても果てしない大地 …