桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

30年前のアメリカ紀行備忘録5

      2017/05/30

8月12日

 気持ちよく目覚め、まずは空港に帰りのチケットを買いに行く。22日のフェニックス〜ロサンゼルス便だ。きのうEさんに「こういうふうに言えばいいよ」とメモを書いてもらったにも関わらず、まったく言葉が通じない。メモを見せてもダメだった。きっと僕の英語力とメモに書いてある英語の釣り合いが取れず、何度も僕に確認したのだろうが、その確認すらわからない語学力だからしょうがない。
 でもカウンターのおばちゃんは優しくて、四苦八苦しながらなんとかチケットを買うことが出来た。
 Eさんのお宅へ寄ってから、昼頃フェニックスを出発。Eさんに「とにかく水は買っていくように」と言われていたので、近くのコンビニっぽい店によって、まずは水を買うことに。日本の感覚だと、ペットボトル10本もあればいいだろうと思っていたが、店の人にこれからアメリカを約半周ドライブするという旨を告げると「何かあったら大変だから」と、5ガロンのボトルをトランクに3、4本ぶち込まれた。初めてのアメリカ旅行の警戒心から「ボラれたか?」と思ったが、値段は格安だった。その後、コンビニはおろか給水所もガソリンスタンドもない中を走るはめになったときに、この水のありがたさを知ることとなる。

 - 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

『日詩』のまとめ。10月11日〜20日分です。

『日詩』ツイッター詩まとめ(10月11日〜20日)

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録22

 気を取り直して喋っていると、友だちがやってきた。男一人(TONY)と女一人(ち …

道元の『正法眼蔵』がムズおもしろい

曹洞宗の開祖・道元の著した『正法眼蔵』が難しいけど面白い。 僕の情報不足なのか、 …

日々の徒然
大学受験共通一次試験失敗

 入試のシーズンである。この季節がくるたびに思い出すのが、受検の失敗。  僕らの …

『傷だらけの天使』が哀しい

傷だらけの天使第6話は まさに貧乏人の哀しさ ラストシーンは 蟹工船の読後の気分

プロントの『ぱくっと食べるコーヒー カフェレート』美味過ぎ!

 よく使う駅の改札前に、『プロント』がオープンした。まあ、どこの駅前にもあるカフ …

たけしさんのキタノ・ブルー

 『紅白歌合戦』の話が続いて申し訳ないが、今回はビートたけしが歌うということで話 …

久しぶりに大野木の墓参り

 朝、こんな日詩を書いた。      数日前奴の夢を見た    おい、たまには思 …

『日詩』のまとめ5月21日〜31日分アップしました

日誌ならぬ『日詩』 ついに5ヶ月間が終わりました。 ブログ『詩郷うたざと』にアッ …

日詩 8月21日〜31日(2018)

日詩のまとめです。 日詩(ツイッター詩まとめ) 8月21日〜31日 たとえば、こ …