桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

映画『母 小林多喜二の母の物語』に思う

      2017/04/27

 映画『母 小林多喜二の母の物語』の有料試写会が、明日横浜で開催されるという。上映は25日から横浜シネマリンにて。
徒然多喜二の母

 小林多喜二といえば『蟹工船』だが、国語の授業では習ったものの、内容が暗すぎたのと、現代の自分たちには縁遠い作品のように思えて、大人になるまで読んだことがなかった。20代の頃、多喜二が秋田の出身と知って、とりあえず読んで見ようと手に取ったが、やはり暗くてバブルの僕たちには合わなかった。
 そして40代も半ばとなった頃、もう一度読み直した。今度はすんなり読めた。そして感動した。主義主張ではなく、小説として面白かった。そして汗も流さず上前をはねてるヤツらに腹が立った。まあ、それは現代でも同じなのだが。まっとうな生産者ではなく、すきま産業ばかりが儲かる世の中はどうかと思う。
 僕は共産党員でもないし左でもないから、多喜二に生き方には共感しないが、最期が警察に棒で殴られて殺されたっていうんであれば、やっぱり権力をかさにきたヤツらにも腹が立つ。他人の僕ですらそう思うのだから、腹を痛めて生んだ子を殺された母・セキの気持ちをおもんぱかると、胸が痛い。

 - 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

toijyugatsu
アニキだった戸井十月さん三回忌に初監督映画「風の国」

7月28日。戸井十月さんの三回忌。僕にバイクを教えてくれて、飲みに連れてってはい …

IMG_0574
樫田正剛の舞台『伊賀の花嫁』

30年来の友人。樫田正剛氏が脚本・演出を手がける舞台を久しぶりに観に行った。その …

日々の徒然
「日誌」ならぬ『日詩』

日記は子供の頃から三日坊主。なのに、さらにハードルの高い毎日書く詩に挑戦してます …

ブログ写真花時計
世界一の花時計だとか

少し前に、伊豆の土肥温泉に行って来ました。もともと西伊豆は好きな場所の一つですが …

001_02-1
30年前の東成瀬村取材

 僕が4年3ヶ月勤めたフロム・エー編集部。テレビのADをやっていたのはまだ学生の …

日々の徒然
『地頭』?

こんな記事がありました。 http://zasshi.news.yahoo.co …

日々の徒然
親父の言葉 1

「人生あまりに短い 怒ってたって馬鹿馬鹿しい 自分の時間を損するだけ 怒るぐらい …

img_3200
道元の『正法眼蔵』がムズおもしろい

曹洞宗の開祖・道元の著した『正法眼蔵』が難しいけど面白い。 僕の情報不足なのか、 …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録6

 Sさんが好きだというアンティック屋さんがたんさんあるプレスコットという町を経て …

%e6%97%a5%e8%a9%a9%e6%9f%8a%e6%9f%9a%e3%82%af%e3%83%ac%e3%83%a8%e3%83%b3%e7%b7%91
『日詩』9月21日〜30日おまとめ

早いものでもう10月。 『日詩』も丸9ヶ月続きました。 日誌ならぬ日詩と書き続け …