桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

映画『母 小林多喜二の母の物語』に思う

      2017/04/27

 映画『母 小林多喜二の母の物語』の有料試写会が、明日横浜で開催されるという。上映は25日から横浜シネマリンにて。
徒然多喜二の母

 小林多喜二といえば『蟹工船』だが、国語の授業では習ったものの、内容が暗すぎたのと、現代の自分たちには縁遠い作品のように思えて、大人になるまで読んだことがなかった。20代の頃、多喜二が秋田の出身と知って、とりあえず読んで見ようと手に取ったが、やはり暗くてバブルの僕たちには合わなかった。
 そして40代も半ばとなった頃、もう一度読み直した。今度はすんなり読めた。そして感動した。主義主張ではなく、小説として面白かった。そして汗も流さず上前をはねてるヤツらに腹が立った。まあ、それは現代でも同じなのだが。まっとうな生産者ではなく、すきま産業ばかりが儲かる世の中はどうかと思う。
 僕は共産党員でもないし左でもないから、多喜二に生き方には共感しないが、最期が警察に棒で殴られて殺されたっていうんであれば、やっぱり権力をかさにきたヤツらにも腹が立つ。他人の僕ですらそう思うのだから、腹を痛めて生んだ子を殺された母・セキの気持ちをおもんぱかると、胸が痛い。

 - 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

故郷の子供たちの贈り物

机の上の本棚を整理していたら、こんなものが出てきました。 首都圏なるせ会でもらっ …

『日詩』のまとめ4月21日〜30日分アップしました

日誌ならぬ『日詩』続けております。 よろしければ 『詩郷 うたざと』にて htt …

シルヴァスタインの絵本

友だちが持っていた絵本。勧められて読んだら深くてハマった。有名らしいが恥ずかしな …

新年のお守り

初詣に行って来た。 去年訪ねた時に、ここのお守りが気に入って、今年も頂いてきた。 …

日々の徒然
初めて秋田魁新報に書いたのがもう14年前

今もまだ秋田魁新報の『遠い風近い風』でエッセイを連載させてもらっている。初めて連 …

日々の徒然
奇妙な夢を見た

奇妙な夢を見た。 誰かは思い出せないのだが 相当親しい人が死んだようだ。 葬式の …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録12

 とにかく今日は“走り日”だ。ひたすら車を走らせる。ギャロップからアルバカーキー …

日々の徒然
聖バレンタイン

 この歳になると、バレンタインデーとかいわれても「んで?」って感じなのだが、娘か …

『日詩』9月1日〜10日おまとめ

夏が終わったような終わらないような 秋が始まったような始まらないような そんな9 …

電車の中吊り広告から“支援しない支援”に共感

これは、去年「その通り!」と思って電車の中で写真を撮ってしまった中吊り広告。 悩 …