桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

医者のスネに味噌をつける

      2017/01/31

我が故郷、秋田県東成瀬村には、『豆腐あぶり』という冬の風習がある。基本的には各家庭でやる行事だったらしいが、今では家庭内ではけっこう廃れてしまったため、伝統文化を伝えようと、お年寄りが子供たちを集めて教えているようだ。
写真は、村の小学生が伝統行事の体験学習で「豆腐あぶり」を体験した時のもの(子供達の顔はトリミングしました。出典は東成瀬村の公式ホームページ http://www2.higashinaruse.com/top.php)。

東成瀬豆腐あぶり トリミング

この『豆腐あぶり』、毎年12月8日に行われていた。理由は、その日が、一年間たまったお薬の金を、医者に支払う日だったからだとか。ちなみにこの日は“薬礼日(やくれいび)”と言われていた。
いずれにしろ、貧乏な家には結構大変な日だったわけで、「来年こそは医者にかからないようにしよう」と決意する日でもあったわけだ。

それと豆腐と何の関係が?

確かにそうである。そこでここに一つのことわざが出てくる。それがタイトルの『医者のスネに味噌をつける』である。 「医者のスネに味噌をつける」という意味で、医者のスネを豆腐にみたて、それにあぶって味噌をつけたいわゆる“豆腐田楽”を食べるのが風習だったのだという。
ここまで聞いても「???」である。

父に聞いてみた。もちろん知っていたが、なぜ医者のスネに味噌をつけると医者いらずとなるのかの説明はつかなかった。二人で思案した結果、「味噌をつけるってのは、失敗したりして評判をおとすとか、順調にいかなくなるとか、台無しになるとかの意味の、“ミソがつく”から来てるんじゃないか」ということになった。
つまり、医者が商売にならないようにしようってことじゃないかと。医者をあがったりにするには、病気をしないことだ。医者にミソをつけられるよう、豆腐を医者のスネにみたてて、味噌をつけて食べたのではないかという考えである。

もちろん推測である。なので、誰か知っている方は、ぜひお教え頂きたい。お待ちしております。

ちなみに、失敗を「ミソをつける」というのは、昔から味噌は火傷に効くとされたところからきているとか。火傷をするというのは、うっかりしていたからで、その火傷に味噌を塗っている人は、失敗した人ということになる。そこから来ているとか。 もっと単純な説として、器に味噌がついていると、見た目がよくないところからきたという人もいるようだ。いずれも一つの説であるが。

 - 日々の徒然

Comment

  1. 小松紀子 より:

    大曲は、12月8日は、「病い焼き」と言って、餅粉か、小麦粉で、焼いた「おやき」を食べます。「あんこ」が沢山挟んであって、とてもおいしい。 数個は川に流します。これで、風邪を引かないおまじない。
    昔から、医者代をお金がないので、この日まで待ってもらって野菜などをさしあげて許して頂いた、と。

    • sasakikatsura.com より:

      小松様
      「病い焼き」は知りませんでした。おいしそうですね。地域によっていろいろあったんですね。いずれにせよ、健康でいることを願った昔の人の知恵ですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

根津甚八さんとの想い出

俳優の松方弘樹さんが1月21日に74歳で亡くなったというニュースが飛び交った。松 …

寒九のとろろ

三日とろろという風習が福島県あたりを中心にあるそうで、コレ、1月3日に山芋を食べ …

世界一の花時計だとか

少し前に、伊豆の土肥温泉に行って来ました。もともと西伊豆は好きな場所の一つですが …

『日詩』8月11日〜20日のおまとめ

実家の秋田ではお盆も終わり、そろそろ秋が見えてきそうな気配でしょうか? 東京はま …

『日詩』のまとめ5月11日〜20日分アップしました

日誌ならぬ『日詩』 早いもので5月まで続いてしまいました。 ブログ『詩郷うたざと …

『日詩』9月21日〜30日おまとめ

早いものでもう10月。 『日詩』も丸9ヶ月続きました。 日誌ならぬ日詩と書き続け …

曹洞宗の二大総本山・総持寺

神様にお参りしたかと思ったら、次の日は仏様。この節操のなさが日本人の良いところ。 …

梅見しました

まだまだ寒さが身にこたえる季節ですが、 そんな中、頑張って咲いてる梅を見に行って …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録2 『小説アメリカンロード』

 備忘録1では、アメリカを車で旅した話の前振りをして、今後折に触れて書いていくと …

『日詩』のまとめ。12月11日〜20日分です。

今年もあと数日。僕の『日詩』も、もうすぐ1年。最初はどうなるかと思いましたが、あ …