桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

年取ったら部屋を貸してくれないんだと

      2017/01/08

朝日新聞に、こんな記事があった。
%e5%b9%b4%e5%af%84%e3%82%8a%e3%81%ab%e9%83%a8%e5%b1%8b%e8%b2%b8%e3%81%95%e3%81%9a%e8%a8%98%e4%ba%8b

年寄りには部屋を貸さない大家が多いんだとか。
まあ、孤独死でもされたらいろいろ手配も面倒だろうし、次の借りても付きにくいだろうし、気持ちはわからんでもないが、でも、やっぱり情がない。
貧乏な大家ならしょうがない。
でも、断れるってことは、いくらでも借り手がいる賃貸宿を持ってるってことで、おそらくそんなに金には困ってないだろう。
税金だぁ何だぁといったご苦労は、こちとらまったくわからん立場で物申し上げてるもんで、もちろん失礼は重々承知の上だが、それでもやっぱ、金持ちってやつは、何でこんなに情がないんだろうって思ってしまう。

同じ日にこんな記事もある。
%e9%ab%98%e9%bd%a2%e8%80%85%e5%a4%89%e6%9b%b4%e8%a8%98%e4%ba%8b

一方では、こんなふう「年寄りは元気だから…」なんてことを言ってても、
現実では、元気な年寄りでも年齢だけで部屋を貸さないってなことがある。
お偉いさん方は、もっと現場を観察しに市井に出向くべきだよね〜。できれば肩書きを隠して…ね。

 - 日々の徒然

Comment

  1. 小松紀子 より:

    新聞の連載が凄く面白くて、七草粥や納豆汁の話なんか、夫と二人で、記事を広げたまま大盛り上がりでした。
    しばらくぶりで徒然記事を読んで、また興味しんしん。叔父も教員でしたが、若いころ玉川大学の通信過程で学んだことを思い出しました。存命であれば、80代前半かなあ。

    今年も楽しい話を沢山発信してください。お願いいたします

    • sasakikatsura.com より:

      小松様

      いつもお読み頂きありがとうございます。
      そして、いつも返信遅くなってすみません(^_^;

      今年は詩(ブログ『詩郷』)の方だけではなく、ブログ(『桂乃徒然』)の方も頑張ってなるべくたくさん更新していきたいと思います。
      よろしくお願い致します。

    • sasakikatsura.com より:

      小松様

      追伸です。
      うちの父は昭和10年生まれで、今年82才になるので、もしかしたら小松さんの叔父様と同じ頃に同じキャンパスを歩いていたかもしれませんね。
      通信課程でもスクーリング等で大学に出向くこともあったということなので。
      あと、納豆汁ネタですが、さきがけの書いたことをFacebookにもアップしたのですが、納豆汁を知っている人からも知らない人からも、すごく反響があって驚きました。
      納豆汁好きとしては嬉しい限りです。
      ではまた。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

徒然多喜二の母
映画『母 小林多喜二の母の物語』に思う

 映画『母 小林多喜二の母の物語』の有料試写会が、明日横浜で開催されるという。上 …

日詩英字新聞に筆
『日詩』6月11日〜21日のおまとめ

日詩 6月11日 梅雨の間(ま)の晴天 このまま明けて夏となれ この叶わぬ願い …

image-e1437194193665_01
宇崎竜童さんに取材

久しぶりに宇崎竜童さんに取材しました。週刊朝日です。 取材やバイクを通じて、もう …

%e6%97%a5%e8%a9%a9%e4%ba%8c%e5%ad%90%e7%8e%89
『日詩』のまとめ。10月21日〜31日分です。

『日詩』ツイッター詩まとめ(10月21日〜31日)

IMG_0669
ビール1本だけ!?

男「1本だけビール買っていい?」 女「うふ、いいよ。そういうと思った」 ビール1 …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録8

 8月13日  朝からグランドキャニオンへ向かう。どこまで行っても果てしない大地 …

日詩 石
『日詩』7月11日〜21日のおまとめ

7月に、早い夏休みをとって実家でのんびりしすぎて、まとめるのが遅くなってしまいま …

IMG_0610
護美箱(ごみばこ)と書きたい

秋田の新聞『秋田魁新報』に連載中の『遠い風近い風』というエッセイに、昔、こんなも …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録7

 夕食は近くの『COFFEE SHOP』と銘打った店へ。コーヒーショップという名 …

日々の徒然
フリーライターの価格破壊なんだとか

クローズアップ現代で取り上げていた話題。 昨今、取りざたされる在宅ワーク。つまり …