桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

親父に教えられた「つむり」

      2017/01/07

この正月は、秋田の実家から両親が訪れており、81歳の親父とも、よく酒を酌み交わしながら喋る。
ある時、少し薄くなった僕の頭を見て、ハゲの親父が
「ほぉ、ハゲツムリ」と馬鹿にする。
まあ、前後の会話から「ハゲツムリ」が「ハゲ」を言いたいのだということはわかったのだが、
「つむり」ではなく「つむじ」じゃないの?
物書きの性で、ハゲと言われたことよりも、そっちを正すことの方に気が回ってしまった。
親父は、頑として「ツムリとは頭のことで、ハゲツムリってのは、禿げ頭のことだ」と主張する。
標準語では、ハゲツムジでも禿げ頭の意味にはならないのだが、ツムリはツムジが訛った方言だと断言したのだが、
親父は絶対に違うと言い張って、辞書を引く。
その対決は…
ハイ、負けました。
「つむり」の意味は、『「あたま」の意の古風な表現』とある。そして、「おつむ」というのは、この「ツムリ」からきているらしい。
まあ、でも、親父の言うような「ハゲツムリ」という言葉は、標準語はもちろん、秋田弁にもないんですけどね。
ちなみに下が僕のツムリ。まだ、そこそこ、大丈夫だと思うんですけど…どうでしょう?確かにもちょっと目立たないように撮ってはみましたが(^_^;
%e3%81%a4%e3%82%80%e3%82%8a%e9%a0%ad

 - 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

日々の徒然
長さんの「…なんてな」

 踊る大捜査線で、いかりや長介さん扮する和久平八郎が発する「…なんてな」が好きだ …

ビール1本だけ!?

男「1本だけビール買っていい?」 女「うふ、いいよ。そういうと思った」 ビール1 …

『窓から逃げた100歳老人』『世界を救う100歳老人』

 先日の『天声人語』である。  ヨナス・ヨナソンさんが著した小説『窓から逃げた1 …

日々の徒然
初めて秋田魁新報に書いたのがもう14年前

今もまだ秋田魁新報の『遠い風近い風』でエッセイを連載させてもらっている。初めて連 …

日詩 2月21日〜28日(2018)

日詩のまとめです。 日詩(ツイッター詩まとめ) 2月11日〜28日 例えばこんな …

『日詩』6月11日〜21日のおまとめ

日詩 6月11日 梅雨の間(ま)の晴天 このまま明けて夏となれ この叶わぬ願い …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録23

8月21日  朝起きて(何故か今日は早く起きる。最後の日だからか?)、オールドツ …

日々の徒然
3月4日さきがけ新聞寄稿で書けなかった「僕の緊張」について

秋田の「さきがけ新聞」から、秋田県の公立高校を受験する中学生にエールを送る原稿を …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録20

 去年(2019年)の1月から、またまたご無沙汰だった「30年前のアメリカ紀行」 …

日々の徒然
どじょっこふなっこ

今の若い人はあまり知らないかもしれないが、 「どじょっこふなっこ」という童謡があ …