桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

『ザ・ロイヤルファミリー』(早見和真・著)

      2020/02/15

新聞の読書欄で、これを見つけた。デジタルと違って、紙の新聞の良さは、こうやってパラパラ眺めている時に、興味のある記事に出会えることだ。デジタルだと、見出しなどで判断して、決め打ちで読むしかないが、紙だと、ただ目を泳がせているだけで、興味を惹くものが引っ掛かってくる。
 今回は、この記事。画像を読んでもらえれば、内容はわかるだろうが、競馬の話である。しかも、馬主側の話。さっそく本屋に出掛け手に取ってみた。
 新聞には、「馬主として競馬にのめり込んでいくワンマン社長とその息子たちの2代記」とあったが、帯の裏には、主人公(狂言回し)が、ビギナーズラックで馬券を当てた税理士が、ひょんなことから馬主であるワンマン社長の秘書になり、そこから物語を伝える構成になっているとある。そっちの方が面白そうだ。早速購入し、今日から読み始める。感想は後日。

 - 2020年, 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

『日詩』のまとめ5月21日〜31日分アップしました

日誌ならぬ『日詩』 ついに5ヶ月間が終わりました。 ブログ『詩郷うたざと』にアッ …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録9

 適当なモーテルをみつくろってチェックインしたのだが、土曜の夜だったからなのか、 …

たけしさんのキタノ・ブルー

 『紅白歌合戦』の話が続いて申し訳ないが、今回はビートたけしが歌うということで話 …

首都圏なるせ会に行って来ました

今年で第29回を迎える『首都圏なるせ会』がまた元気に開催された。会員が年々減って …

手帳一筋73年、ダイゴーの手帳

嫁に良く言われる。 「あなたって、必要以上にちっちゃい手帳と、必要以上におっきい …

no image
ライスカレーの哀しい想い出

子供の頃 、なんであんなんにライスカレーが楽しみだったのだろう。うちの場合、大概 …

寒九のとろろ

三日とろろという風習が福島県あたりを中心にあるそうで、コレ、1月3日に山芋を食べ …

幕張のお仕事体験アミューズメント『kandu(カンドゥー)』に

 娘の誕生日ということでどこかへ出掛けようと画策。毎年ディズニーだったのだが、今 …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録24(最終回)

 2017年1月26日から、不定期で載せてきた『30年前のアメリカ紀行備忘録』も …

日々の徒然
昔の納豆の作り方…だそうです

最近、納豆を手作りする人が増えている。基本的には、大豆を煮て、それに市販の納豆を …