桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

『窓から逃げた100歳老人』『世界を救う100歳老人』

      2020/02/15

 先日の『天声人語』である。
 ヨナス・ヨナソンさんが著した小説『窓から逃げた100歳老人』『世界を救う100歳老人』の話だった。前者は、老人ホーム暮らしに飽きた主人公の老人が、若き日の冒険を回顧するという内容で、トルーマン米大統領やチャーチル首相など、大国の指導者と渡り合う、風刺のきいた小説らしい。後者は、その最新刊で、現在の指導者達を、主人公がきりきり舞いさせるのだそうだ。
 天声人語を書いた記者が上手いのか、読んでみたい!と思わされた。ちょうど図書館の近くに行く用事があったので、借りに行ってみたら、なんと10人待ちだとか。買った方が早いなと思ったが、これも何かの縁かと、順番待ちをしてみることにした。いつ頃、僕が借りられるかわからないが、楽しみに待つことにしよう。読んだ後は、ここでまた感想を紹介しようと思っている。

 - 2020年, 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

尺八

 滝廉太郎の『荒城の月』を吹けるようになりたい!という単純な理由で尺八を習いに行 …

百人一首

 飲んでばかりで正月らしい遊びをしていないと、家族からのクレームが入ったので、し …

過去のフロム・エーを見てきた

先月亡くなった友・大野木俊秋くんのお別れ会(3月5日土曜16時〜19時、リクルー …

工作に使う“糊”に似てるから『のり餅』なのか?

米粉で作ったもちを、父の実家の地域(秋田県東成瀬村菅の台)では、『のり餅』と言っ …

日々の徒然
あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願い致します。 昨年作った新しいブログ『詩郷(うたざと)』htt …

『日詩』のまとめ。11月21日〜30日分です。

『日詩』もあとひと月で1年になります。 11月最後の詩をどうぞ。 『日詩』ツイッ …

『日詩』6月11日〜21日のおまとめ

日詩 6月11日 梅雨の間(ま)の晴天 このまま明けて夏となれ この叶わぬ願い …

根津神社の千本鳥居

成人式で晴れ着がいたるところで花咲く都内の9日。こんな日に神社にいったら混むだけ …

『お母さん』ではダメなの?

ちょっと前にこんな新聞の記事があった。 うーんと考え込んでしまったので、やっと今 …

『ザ・ロイヤルファミリー』(早見和真・著)

新聞の読書欄で、これを見つけた。デジタルと違って、紙の新聞の良さは、こうやってパ …