桂乃徒然

文筆業 佐々木桂 公式ウェブサイト

*

坂本龍一氏の言葉にすっきり!「音楽の力」に違和感あった

      2020/02/15

 2日の朝日新聞に、坂本龍一氏を取材した『「音楽の力」は恥ずかしい言葉』と記事が載っていた。その特に坂本氏の話を読みたかったわけではないが、キャッチフレーズに惹かれて読んでしまった。
 何故なら、僕もずっと、「音楽の力」というのに胡散臭さを感じていたからだ。

 記者が、「復興を祈る公園などを通じて『音楽の力』で社会に影響を与えてきたので?」と質問しようとしたら、坂本氏はそれを否定したという。
 氏が言うには、本人も音楽には癒やされことがあるが、『この音楽には、絶対的な癒やしの力がある』みたいな物理的なものではない」とのこと。メディアが、特に災害後などに、「音楽の力」と言う言葉を万能薬のように使うのは不愉快だとも言う。また、スポーツなどでも、「勇気を与えたい」などと選手がいうのが、恥ずかしいとも言う。音楽の感動というのは、「基本的に個人個人の誤解」であって、「感動するかしないかは勝手なこと。ある時にある音楽と出会って気持が和んでも、同じ曲を別の時に聞いて気持が動かないことはある。音楽に何か力があるのではない。音楽を作る側がそういう力を及ぼしてやろうと思って作るのは、言語道断でおこがましい」と続ける。
 その通り!と思ったのである。僕も詩を書くときには、読む人間にために…とは考えない。そんなのはおこがましい。何かに悩んでいるときに、僕の詩を読んで癒やされるのは嬉しい事だが、逆に、落ち込む人だっているだろう。それはしょうがない。僕は僕の詩を書いているのだから。また、詩に、それほど大きな力があるとも思っています。
 坂本氏は言う。音楽は「好きだからやっているだけ。(中略)一人きりでもやっている」
 まさにその通りだと思った記事だった。

 - 2020年, 日々の徒然

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録17

 サンアントニオ到着。この町は感激した。とにかくにぎやかで華やかで楽しい。アメリ …

日詩 6月11日〜20日(2018)

日詩のまとめです。 日詩(ツイッター詩まとめ) 6月11日〜20日 例えばこんな …

樫田正剛の舞台『伊賀の花嫁』

30年来の友人。樫田正剛氏が脚本・演出を手がける舞台を久しぶりに観に行った。その …

日々の徒然
30年前のアメリカ紀行備忘録11

 幸い来てくれたポリスは、割と親切なメキシコ系アメリカ人。移動の件もスルーのまま …

30年前の東成瀬村取材

 僕が4年3ヶ月勤めたフロム・エー編集部。テレビのADをやっていたのはまだ学生の …

日詩 1月21日〜31日(2018)

日詩(ツイッター詩)のまとめです。 例えば1月21日は… 都会で雪を見ている 舞 …

正月早々、よみうりランド

何の因果か、この寒いのに、よみうりランドである。 いや、いいんですよ、いいんです …

医者のスネに味噌をつける

我が故郷、秋田県東成瀬村には、『豆腐あぶり』という冬の風習がある。基本的には各家 …

『傷だらけの天使』が哀しい

傷だらけの天使第6話は まさに貧乏人の哀しさ ラストシーンは 蟹工船の読後の気分

根津神社の千本鳥居

成人式で晴れ着がいたるところで花咲く都内の9日。こんな日に神社にいったら混むだけ …